プロペシアの副作用が心配な方へ!正しい知識を身につけて安全に服用し薄毛を改善しましょう。

本当にあった怖いプロペシアの副作用

AGA(男性型脱毛症) プロペシアに関するコラム プロペシアのよくある質問 プロペシアの副作用

プロペシアからザガーロへ切り替えても大丈夫?気になる効果や副作用について

投稿日:

プロペシアを飲んでいるけど髪の毛が増えないどころか抜け毛も減らないと言う人も少なくはないのではないでしょうか?

プロペシアが効かないと言う人も意外に多く、このような場合は「プロペシア(主成分:フィナステリド)」ではなく「ザガーロ(主成分:デュタステリド)」への切り替えを推奨している医師が多くなります。

しかし、フィナステリドからデュタステリドへ切り替えるのが不安と言う方も多く、果たして本当に効果があるのか?副作用は大丈夫なのか?と心配になってしまいますよね。

そこで今回は、プロペシアからザガーロへ切り替えても大丈夫なのかと言うことと気になる効果や副作用について解説していきたいと思います。

プロペシア(フィナステリド)とザガーロ(デュタステリド)の違いについて

プロペシア(フィナステリド)とザガーロ(デュタステリド)の違いは、「AGA(男性型脱毛症)」の原因である「DHT(ジヒドロテストステロン)」を生成する「5αリダクターゼ(還元酵素)」に対する効果の違いになります。

プロペシアもザガーロも基本的には同じ効果があり、AGAの原因であるDHTの生成を抑制する効果があります。

男性ホルモンであるテストステロンが5αリダクターゼと結合することによってDHTが生成されます。

そして、このDHTが髪の毛の成長の邪魔をし、抜け毛を増やし薄毛へと導いてしまう原因なのです。

そうさせないためにフィナステリドやデュタステリドを主成分としたAGA治療薬を内服し、5αリダクターゼの働きを阻害してしまうのです。

そうすることによって、AGAの進行を食い止めることができ、今まで中途半端に抜け落ちていた髪の毛も全うに成長するようになるのです。

ただし、5αリダクターゼには「1型」「2型」があり、フィナステリドが効果を発揮するのは2型の5αリダクターゼだけになります。

自分の抜け毛を見てみてください。

短くて細い弱々しい抜け毛がある場合は、まさにDHTに侵されている抜け毛になります。

5αリダクターゼ(還元酵素)とは?DHT(ジヒドロテストステロン)を作る原因?

「AGA(男性型多毛症)」の原因である男性ホルモン「DHT(ジヒドロテストステロン)」はどのようにして生成されるか知っていますか? DHTは、男性ホルモンであるテストステロンが「5αリダクターゼ(還元 ...

続きを見る

DHT(ジヒドロテストステロン)とは?AGA(男性型脱毛症)の原因なの?

日本人男性の薄毛にお悩みの方のほとんどが「AGA(男性型脱毛症)」になります。 このAGAの原因は、男性ホルモンである「DHT(ジヒドロテストステロン)」なのです!DHTが髪の毛の成長の邪魔をして、毛 ...

続きを見る

しかし、デュタステリドの場合は1型と2型の両方の5αリダクターゼに効果を発揮してくれるのです。

正確に言いますと、フィナステリドも1型5αリダクターゼに対する効果はあるのですがあまりにも弱いため1型の5αリダクターゼの働きを阻害することができないのです。

そのため、AGAの原因が1型5αリダクターゼが多く締めている場合は、プロペシアを服用しても薄毛は改善しないのです。

つまり、プロペシアを飲んでいるにも関わらず薄毛が治るどころか抜け毛すら減らないと言う場合は、フィナステリドを主成分としたプロペシアではなくデュタステリドを主成分としたザガーロやその他ジェネリック医薬品を飲まないことにはいつまでたっても薄毛は改善しないと言うことなのです。

デュタステリドとは?その効果と副作用等の特徴について徹底解説

日本人男性の薄毛の原因と言えば「AGA(男性型脱毛症)」がほとんどで、その治療薬で有名なのが「プロペシア」になります。 プロペシアの有効成分である「フィナステリド」がAGAの原因である「DHT(ジヒド ...

続きを見る

プロペシアが効かない人には理由がある!なぜ薄毛が治らないのか徹底解説

AGAを改善するためにプロペシアの服用を始めたのはいいものの、待てど暮らせど全くプロペシアが効かないと言う人も少なくはありません。 プロペシアは「AGA(男性型脱毛症)」の治療薬で、脱毛防止効果のある ...

続きを見る

デュタステリドの方がフィナステリドよりも1.6倍の効果がある!?

GSk社(グラクソ・スミスクライン株式会社)」はザガーロの販売に伴い、デュタステリド(ザガーロ)とフィナステリド(プロペシア)を比較した臨床試験を行いました。

その結果、デュタステリドの方がフィナステリドよりも1.6倍も効果が高いと言う結果が明らかとなったのです。

実際に臨床試験を実施して、デュタステリドとフィナステリドをそれぞれ投与し続けて、24週間経過したときの毛髪量のベースラインからの変化量が以下のような結果になりました。

薬名 変化量(倍率)
ザガーロ0.1mg 63本(1.12倍)
ザガーロ0.5mg 89.6本(1.59倍)
フィナステリド1.0mg 56.5本(基準)

フィナステリド1.0mgを基準と考えて、デュタステリド0.5mgとの毛髪量の変化量を比較すると「約1.6倍」も効果が高いと言えます。

しかも、毛髪の太さもザガーロの方がプロペシアよりも圧倒的に太くなっていると言うことが臨床試験で証明されたのです。

ただし、勘違いしてはいけないのが、万人に1.6倍もの効果があると言う訳ではないと言うことになります。

フィナステリドもデュタステリドも医薬品でありますので、当然効果の表れ方には個人差があり、全く効果が無いと言う場合も十分にあります。

そのため、プロペシアからザガーロに切り替えて本当に効果があるかは、実際に飲んでみないと分からないと言うことになります。

どれだけ専門医がフィナステリドよりもデュタステリドの方が効果が高いと言っても、結局は自分で飲んでみて経過観察してみないことには分からないのです。

とは言っても、GSK社が行った臨床試験では上記の様な結果が出ていますので、もし今現在プロペシアを飲んでいるにも関わらずそれほど効果が出ていないと言う場合はフィナステリドからデュタステリドへ切り替えてみるのも良いのではないでしょうか?

>>デュタステリドを通販で安く買う場合はこちら

プロペシアからザガーロへ切り替えて劇的に髪の毛が増える人に多いパターン

プロペシア(フィナステリド)からザガーロ(デュタステリド)へ切り替えて劇的に髪の毛が増える人には以下で紹介する3つのパターンがあります。

もしあなたが、この3つのパターンに該当すればプロペシアからザガーロへ切り替えるだけで劇的に髪の毛が増えはじめる可能性が高くなります。

プロペシア(フィナステリド)を1年以上飲んでいるけど満足できる効果がない!

プロペシア、もしくはプロペシアのジェネリック医薬品を1年以上服用しているにも関わらず満足できる効果が出ていないと言うパターンの人は、ザガーロ(デュタステリドを主成分としたAGA治療薬)に切り替えるだけで髪の毛が劇的に増える可能性があります。

プロペシア(フィナステリド)は、即効性がある薬ではないので、最低でも半年ほど服用し続けて経過を見ないといけません。

プロペシアに限らずAGA治療薬は、即効性に期待できないからになります。

効果の表れ方に個人差はあるのですが、半年から1年ほど継続してフィナステリドを服用すると、ほとんどの方は抜け毛が減ったり、髪の毛が太くなったり、毛量が増え始めたりします。

これは、フィナステリドが2型5αリダクターゼの働きを阻害しDHTの生成を抑制してくれているからになります。

しかし、1年以上プロペシアを飲み続けているにも関わらず、あまり状態が変わっていないと言う場合は、2型5αリダクターゼの影響だけではなく、1型5αリダクターゼの影響も同時に受けている可能性があるのです。

このような場合は、フィナステリドではなく1型と2型の5αリダクターゼの両方に効果を発揮するデュタステリドを主成分としたザガーロやザガーロのジェネリック医薬品がおすすめになります。

プロペシア(フィナステリド)とミノキシジルタブレットを併用しているけど満足できる効果がない!

プロペシア(フィナステリド)は、基本的に発毛効果に期待できる治療薬ではありません。

かんたんに言いますと、プロペシアは5αリダクターゼの働きを阻害し、DHTの生成を抑制してAGAの進行を食い止めるための薬になります。

つまり、今まで全うに成長することなく抜け落ちていた髪の毛を抜けないようにする効果があると言うことになります。

そのため、産毛さえ残っていれば、フィナステリドを飲むことで太く長い髪の毛が生えはじめるのです。

しかし、思うように髪の毛が生えてこない場合も当然あります。

このような場合に、発毛を促進させるために「ミノキシジルタブレット」を併用する場合が多くなります。

そのため、プロペシア(フィナステリド)単体では満足いく効果が出ない場合は、発毛効果に期待できるミノキシジルタブレットと併用することが多いのですが、この場合でも思うような結果が出ない場合もあります。

プロペシアとミノキシジルタブレットを併用しているにも関わらず、満足のいく効果が出ていない場合は1型5αリダクターゼの影響を受けている可能性が高くなりますので、フィナステリドではなく1型と2型の5αリダクターゼの両方に効果を発揮するデュタステリドを主成分としたザガーロやザガーロのジェネリック医薬品がおすすめになります。

プロペシア(フィナステリド)を飲んでるけど頭頂部や生え際の毛が細い

薄毛が気になりはじめてプロペシア(フィナステリド)を飲みはじめたけど、頭頂部や額の生え際部分の毛が太くならないと言う場合は、1型5αリダクターゼの影響を受けている可能性が高くなります。

プロペシアを飲みはじめてなんとなく抜け毛が減っているようには思うけど、太く長く髪の毛が成長しないと言うことはヘアサイクルが乱れている証拠になります。

プロペシアでも効果が出てはいるのですが、1型5αリダクターゼの影響も出ているため、満足いく結果が出ないのです。

このような場合は、フィナステリドではなく1型と2型の5αリダクターゼの両方に効果を発揮するデュタステリドを主成分としたザガーロやザガーロのジェネリック医薬品がおすすめになります。

以上のようなパターンに心当たりがあると言う方は、プロペシアからザガーロに切り替えてみることをおすすめします。フィナステリドからデュタステリドに切り替えただけで、劇的に髪の毛が増えて薄毛が改善したと言う方も少なくありません。ですから、もしフィナステリドで満足の行く効果が出ていない場合は、思い切って切り替えてみましょう。
>>デュタステリドを通販で安く買う場合はこちら

ザガーロ(デュタステリド)の副作用について

デュタステリドもフィナステリド同様に副作用があります。

デュタステリドの副作用はフィナステリドの副作用に類似しています。

  • 性欲減退
  • 性機能不全(リビドー減退、勃起不全、射精障害)
  • 肝機能障害
  • 鼻咽頭炎
  • 黄疸

デュタステリドの副作用は以上で、フィナステリドの副作用とほぼ同じになります。

そのため、副作用について詳しくはプロペシアの副作用をご覧ください。

まとめ

プロペシア(フィナステリド)からザガーロ(デュタステリド)への切り替えは特に何の問題もなく行えます。

むしろフィナステリドで効果を実感していないのでしたら、無駄な出費になりますので早めにデュタステリドに切り替えた方が良いでしょう。

フィナステリドからデュタステリドに切り替えることで、特別何かの副作用を引き起こしてしまうと言うことも特にありません。

体内に入れるものなので心配になる気持ちも分かりますが、早く薄毛を改善したいのでしたら早めに切り替えるようにしましょう。

【永久保存版】オオサカ堂で安く買えるAGA治療薬と「育毛最強セット」まとめ

【Bookmark推奨】 当ページでは、個人輸入代行サイトの「オオサカ堂」でどこよりも安く買えるAGA治療薬をご紹介しています。 AGA治療薬と言えば「プロペシア」が代表的ですが、プロペシアはあくまで ...

続きを見る

プロペシアの副作用や服用する前に知っておきたい知識

最近頭頂部が薄くなってきたと感じる、額の生え際部分が後退してきた、このような症状を感じている方は「AGA(男性型脱毛症)」の疑いがあります。 AGAの治療薬と言えば「プロペシア」が有名ですね! 薄毛に ...

続きを見る







-AGA(男性型脱毛症), プロペシアに関するコラム, プロペシアのよくある質問, プロペシアの副作用
-, , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© 本当にあった怖いプロペシアの副作用 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.