プロペシアの副作用が心配な方へ!正しい知識を身につけて安全に服用し薄毛を改善しましょう。

本当にあった怖いプロペシアの副作用




プロペシアの注意点

プロペシアの飲み忘れに要注意!飲み忘れた時の対処方法について

投稿日:

今現在AGA治療中の方で、毎日プロペシアを服用しているけど「飲み忘れてしまった」と言う場合もあるのではないでしょうか?

プロペシアは「AGA(男性型脱毛症)」の治療薬で、一度飲み始めると基本的に継続して毎日飲む必要があります。

しかし、稀にですがプロペシアを飲み忘れてしまうこともあります。

プロペシアは飲んでも飲まなくても体調に関係するものではなく、AGAの原因を抑制するための治療薬になりますので、飲まないからと言って命に支障を来すわけではないので、意外とプロペシアを飲むのを忘れてしまうと言う方もたくさん居ます。

しかし、プロペシアは継続して服用しなければならない治療薬なので、正直飲み忘れには要注意なのです!

では、このような場合はどうしたら良いのでしょうか?

そこで今回は、万が一プロペシアを飲み忘れてしまったと言う方のために、どのように対処したら良いのかについて解説していきたいと思います。

プロペシアの飲み忘れは危険なの?

そもそもプロペシアは飲み忘れると危険なのかと言う疑問があると思います。

1日ぐらい飲み忘れたとしても気にしないと言う方も多いと思いますが、プロペシアは医師の処方が原則必要な医薬品で、一般薬局やドラッグスストアでは購入できない薬になっております。

そのため、しっかりとした効果に期待できると言う治療薬ではありますが、用法用量はきちんと守る必要があるのです。

基本的にプロペシアは毎日飲み続ける必要がある薬になりますが、人間誰でもうっかりしてしまうこともよくあります。

初めの内は意識して毎日決まった時間にプロペシアを飲んでいたとしても、出張や旅行先でいつもと環境が変わってしまったりするとついつい飲み忘れてしまったりと言うこともあります。

せっかく毎日継続してプロペシアを飲んでいたのに、飲み忘れてしまった・・・

まさか効果が無くなるのでは?と言う心配や、翌日に二日分まとめて飲もう!と言う考えも考えつくかもしれませんが、この考え方は間違いになりますのでご注意ください。

プロペシアは飲み忘れても大丈夫!?

「プロペシアを飲み忘れてしまった!」と言う方も少なくはないと思いますが、「1~2日」程度の飲み忘れだとそれほど心配する必要はありません。

万が一プロペシアを1日や2日飲み忘れても、効果に変化があることはありませんのであまり気にする必要はないでしょう。

ただし、プロペシアの飲み忘れを1ヶ月以上してしまった場合は、体内からプロペシアの有効成分である「フィナステリド」が全て排出されてしまい、AGAの原因である「DHT(ジヒドロテストステロン)」を抑制することができなくなってしまいますので、AGAは元通り進行をはじめてしまうことになります。

せっかく継続して薄毛が改善され始めていたのに、また抜け落ちてしまい薄毛に逆戻りしてしまいますのでご注意ください。

プロペシアはなぜ飲み続ける必要があるの?

プロペシアは継続が必要な飲み薬になりますので、一度飲み始めるとその効果を持続するためには飲み続ける必要があります。

ではなぜプロペシアは継続して飲む必要があるのでしょうか?

プロペシアはAGA治療薬で、その有効成分であるフィナステリドが体内に蓄積され、ある一定濃度をキープすることでAGAの進行を抑制しています。

つまり、毎日プロペシアを飲み続けてフィナステリドを体内に蓄積することで、AGAの原因であるDHTの生成を抑えていると言うことです。

ですから、長期的にプロペシアの飲み忘れが続いたり、何度も飲み忘れてしまうと徐々にフィナステリドの濃度が減っていき効果が弱まってしまうことになるのです・・・

その結果、せっかく治まっていたAGAが再度進行をはじめ、薄毛に逆戻りしてしまうことにもなり兼ねないのです。

また、プロペシアの有効成分であるフィナステリドは、24時間経過すると体内から排出されてしまいます。

毎日1錠のプロペシアを飲むことで、体内に24時間フィナステリドをキープすることができます。

ですから、毎日決まった時間に一錠のプロペシアを飲む必要があるのです。

しかし、フィナステリドが24時間経過すると完全に排出されてしまう訳ではないので、1~2日ぐらいの飲み忘れはあまり気にする必要はないでしょう。

またすぐに継続してプロペシアを飲み始めればいいだけです。

プロペシアを飲み忘れてしまったときの対処方法

プロペシアを飲み忘れてしまった時は以下の点に注意して行動しましょう。

  1. 執拗に心配しない
  2. 慌てて2日分飲まない
  3. 飲み忘れたら早めに飲む

万が一プロペシアを飲み忘れてしまった場合は、上記2点にご注意ください。

①執拗に心配しない

もしプロペシアを飲み忘れてしまっても、執拗に心配しないようにしてください。

上記でも言いましたが1~2日程度の飲み忘れでしたらそこまで気にする必要はありません。

ただし、フィナステリドは基本的に24時間で排出されますので、なるべくなら飲み忘れはないようにしたいですね。

心配し過ぎるあまりストレスとなり、薄毛が進行してしまう可能性もありますので、気にしないようにしてください。

②慌てて2日分飲まない

もしプロペシアを飲み忘れてしまっても、翌日に2日分飲まないようにしてください。

プロペシアは体内に入るとある一定濃度で有効成分であるフィナステリドが保たれるので、2錠飲んだところで何の意味もありません。

それどころかプロペシアを2錠飲むことで肝臓に負担がかかってしまい、想定外に副作用を引き起こしてしまう可能性もありますので十分ご注意ください。

プロペシアに限らず全ての薬は肝臓が分解しています。

ですから、必要以上にプロペシアを飲むことで肝臓に負担がかかってしまい健康被害を起こしてしまう可能性もありますので、飲み忘れたからと言って絶対に2日分のプロペシアは飲まないようにしてください。

育毛を気にするあまり2日分慌てて飲んでしまう方も稀に居ますが、そんなことをしてしまうと健康に悪影響を及ぼしてしまい育毛どころではなくなってしまう場合もありますので要注意になります。

ですから、プロペシアはきちんと1日1錠を守り、万が一飲み忘れたとしても絶対に2日分飲まないようにしてください。

③飲み忘れたら早めに飲む

もしプロペシアを飲み忘れてしまったら、早めに飲むようにしてください。

プロペシアの持続時間は上記でも言いましたが24時間になりますので、プロペシアを飲み忘れたのであれば翌日の早い時間に飲むようにしましょう。

ただし、あくまでも1日1錠は守ってください。

朝早くにプロペシアを飲んで、前日飲んでいないからと言ってその日のうちの夜遅くにプロペシアを飲むのは絶対にしないでください。

プロペシアを長期間のみ忘れてしまった場合

AGA治療をしている方で1ヶ月以上もの長期間プロペシアを飲み忘れることはまず無いと思いますが、毎月の治療代や効果の表れ方によってはプロペシアを止めようと考える人も多いと思います。

このような場合は、1ヶ月以上プロペシアを飲まないこともあると思います。

しかし、プロペシアを止めて1ヶ月程経過するとほとんどの場合「リバウンド」を起こしてしまい、再びAGAが進行をはじめてしまうことになります。

すると、せっかく育っていた髪の毛も抜けはじめ、最終的には髪の毛がほぼ全て抜けてしまいます。

1ヶ月間もの間プロペシアを飲まないでいると、体内から完全にフィナステリドが抜けきってしまい、再度DHTが生成されはじめてしまいます。

ですが、プロペシアを1ヶ月も飲み忘れる人はほとんどいないと思います。

1ヶ月もプロペシアを飲まないと言うことは、おそらくですがやめることを検討している人だと思います。

もし、プロペシアの服用を止めるのでしたら、何かしらの代替策をしっかり考えておきましょう。

プロペシアの飲み忘れ防止対策方法

プロペシアをついつい飲み忘れてしまうと言う人も多いと思いますが、以下の方法を実践することでプロペシアの飲み忘れを防止することができます。

  1. 毎日決まった時間に飲む
  2. スマホや携帯のアラーム機能を活用する

上記の中でいずれか自分に合った方法を活用することで、プロペシアの飲み忘れを防止することができます。

1~2日程度でしたらプロペシアを飲み忘れても特に問題はありませんが、続くようでしたら防ぐ必要があります。

また、プロペシアは継続してこそ効果を最大限に発揮することができる治療薬でもありますので、できることなら飲み忘れなく服用したいですよね!

①毎日決まった時間に飲む

プロペシアは毎日飲む必要がある薬になりますので、毎日決まった時間に飲むのが一番のおすすめになります。

ちなみに管理人の場合は、毎朝食後に必ずプロペシアを飲むようにしています。

7時に起きて8時前に朝食をとりますので大体8時ごろに毎日プロペシアを飲んでいます。

このようにプロペシアを飲むタイミングを決めておけば、基本的に飲み忘れることはなくなります。

しかし、朝食を食べないと言う人でしたら忘れてしまいがちになると思いますし、夜食の後だとしても晩酌をするのであればおすすめではありません。

ですから、おすすめは朝起きて会社に行くまでの時間帯で、自分に合った時間を決めておいた方が良いでしょう。

後はその時間にプロペシアを飲むと言うことを習慣化するだけになります。

②スマホや携帯のアラーム機能を活用する

時間を決めていてもついつい忘れてしまうと言う方も少なくはないと思います。

このような場合はスマホや携帯電話の機能にある「アラーム」等を活用すると絶対にプロペシアを飲み忘れることはありません。

最近のスマホにはリマインダー機能やタスク機能が充実していて、忘れっぽい人はこのような機能を活用することをおすすめします。

プロペシアを飲み忘れると効果は半減する!?

プロペシアを飲み忘れることが多い人に限って、あまり薄毛が改善されないと言う人が多いのも事実になります。

上記でも言いましたが、プロペシアは継続して飲むことで効果を最大限発揮できる治療薬になりますので、不定期に飲み忘れがあるとその分体に有効成分が定着しにくい状態となり、効果が出にくくなってしまう場合もあります。

ですから、プロペシアの恩恵を早く受けたい方こそ飲み忘れには要注意なのです。

1~2日程度でしたら飲み忘れても問題は無いといましたが、プロペシアの飲み忘れが良い訳もありませんよね?

ですから、プロペシアの飲み忘れが多ければ多いほど効果は弱くなってしまうと考えておいた方が良いでしょう。

ですからこのような場合は他の部分でも育毛を促進させてあげることをおすすめします。

プロペシアをのみ忘れがちな人ほど育毛剤で育毛促進!

プロペシアの飲み忘れに関係なく育毛剤を使用することは育毛を促進させますので、早く薄毛を改善したいと言う方にはおすすめの方法になります。

あくまでもプロペシアは「AGAを食い止める治療薬」であり、育毛を促進させる薬ではありません。

ですから、プロペシアでAGAの進行を食い止めて、育毛剤で育毛促進してあげることで効率よく薄毛が改善されるのです。

実際管理人も「チャップアップ」と言う育毛剤とプロペシアの併用でAGA治療を現在進行形で行っています。

チャップアップは医薬部外品なので副作用の心配もなく安心して育毛できますので、早く薄毛を改善したいと言う方におすすめの育毛剤になります。

興味のある方は以下の公式サイトで詳細をチェックしてみてください!

>>チャップアップの公式サイトで詳細を確認する

まとめ

プロペシアは毎日継続して飲む必要のあるAGA治療薬になりますので、なるべく飲み忘れは無いようにしましょう。

万が一プロペシアを飲み忘れてしまったとしても、1~2日程度でしたらそれほど影響はありませんのであまり心配しないようにしてください。

また、1日飲み忘れたかからと言って翌日に2日分のプロペシアを一気に飲むのだけは絶対にしないようにしましょう。

いずれにしてもプロペシア飲むことを早く習慣化して、1日でも早く飲み忘れをなくすようにしてください。

プロペシアの副作用や服用する前に知っておきたい知識

最近頭頂部が薄くなってきたと感じる、額の生え際部分が後退してきた、このような症状を感じている方は「AGA(男性型脱毛症)」の疑いがあります。 AGAの治療薬と言えば「プロペシア」が有名ですね! 薄毛に ...

続きを見る







-プロペシアの注意点
-, , , ,

Copyright© 本当にあった怖いプロペシアの副作用 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.