プロペシアの副作用が心配な方へ!正しい知識を身につけて安全に服用し薄毛を改善しましょう。

本当にあった怖いプロペシアの副作用

プロペシアの副作用

プロペシアの副作用「初期脱毛」とは!?服用を中止した方が良いの?

更新日:

AGA治療薬のプロペシアの服用を開始して抜け毛が減るはずなのに、なぜか抜け毛が増えている!

当ページへお越しの方は今まさにこのような体験をしているのではないでしょうか?

AGAの進行を食い止め、抜け毛を抑制し、薄毛を改善するための治療薬を飲んでいるのにも関わらず、抜け毛が増えるとはどういうことなの?プロペシアは自分の体に合っていないのでは・・・

この症状は「初期脱毛」と言って、プロペシアの服用開始直後に起こる副作用の一つになります。

では、AGAは改善しないの?薄毛は治らないの?と不安になってしまう方も多いと思いますが、プロペシアの初期脱毛に関しましては心配する必要はありません!

結論を言いますと、プロペシアの副作用である初期脱毛に関しましては、プラスと捉えるべきであり、プロペシアの成分であるフィナステリドが効き始めている証拠なのです。

つまり、あなたの薄毛は改善へ向けて進み始めていると言うことです。

しかし、この初期脱毛が続いてしまうと「髪の毛がなくなってしまうのでは・・・」と不安になってしまいますよね?

ですから今回は、プロペシアの副作用である初期脱毛の期間やメカニズムについて解説していきたいと思いますので、不安な方は一読しておいてください。

それと、もしかすると初期脱毛ではなくプロペシアが体に合っていない可能性があり、そのまま抜け続ける場合もありますので、念の為最後までお付き合いください。




プロペシアの副作用の初期脱毛とは

プロペシアの副作用の初期脱毛とは、プロペシアの服用開始直後に起こる副作用で、抜け毛が急激に増える症状になります。

ただし、この症状は深刻な副作用ではなく、むしろ喜ぶべき副作用になります。

なぜなら、プロペシアの服用後に初期脱毛が起こると言うことは「薬の有効成分が効いている証拠」だからです。

つまり、プロペシアが効き始めているから「AGAの進行が進み病気にかかった髪の毛を排除している」と言うことです。

プロペシアの副作用の初期脱毛のメカニズムについて

プロペシアの有効成分は「フィナステリド」と言う成分で、AGAの原因である「DHT(ジヒドロテストステロン)」を抑制する効果があります。

この強力な脱毛ホルモンであるDHTを生成するのが、「5αリダクターゼ(還元酵素)」と言う厄介な酵素で、この5αリダクターゼが男性ホルモンであるテストステロンと結合することでDHTが生成されるのです。

厳密にいうと、フィナステリドはDHTを生成してしまう5αリダクターゼの働きを阻害してくれる効果があるのです。

その結果、AGAの原因であるDHTが生成されなくなり薄毛は徐々に回復していくのです。

ではなぜプロペシアを服用することで初期脱毛が起こるの?

抜け毛が減るはずなのに・・・

と思われると思いますが、実はプロペシアの初期脱毛で抜けている髪の毛は、いわゆる「病気の髪の毛」になります。

髪の毛には「毛周期(ヘアサイクル)」があります。


成長期⇒退行期⇒休止期

  • 成長期・・・新しい髪の毛が生えはじめ成長する期間
  • 退行期・・・髪の毛の成長が止まりはじめる期間
  • 休止期・・・髪の毛の成長が完全に止まり抜けていく期間

上記が髪の毛の正常な毛周期で、この毛周期が狂ってしまうのが「AGA(男性型脱毛症)」の原因になります。

ちなみに、毛周期が狂うと以下のようなサイクルになります。

DHTは毛乳頭細胞内にある男性ホルモン受容体(レセプター)と結合することによって、上記画像のようなサイクルになり、成長するはずの髪の毛が成長できなくなり、髪の毛の成長を抑制し毛周期を狂わせてしまいます。

そして、毛周期が狂った髪の毛は全うに成長することなく退行期、休止期となりどんどん抜け落ちていきます。

このような乱れた毛周期を防ぐのがプロペシアの役割なのですが、プロペシアを飲み始めた頃にある毛はDHTに侵された髪の毛なので抜け落ちるのが当然なのです。

そして、新たに生えてくる髪の毛はDHTの影響を受けていない健康な髪の毛が生えてくるのです。

つまり、プロペシアの服用を開始したおかげで古い病気にかかった髪の毛が排除され、新しい健康的な髪の毛を生やすための準備をしていると言うことなのです。

毛周期が狂い短縮されると髪の毛はどうなるの?

強力な脱毛ホルモンDHTの影響を受け、毛周期が狂い短縮されると髪の毛はコシの無い痩せ細った状態となり、全うに成長することなくどんどん抜け落ちていきます。

そしていずれは産毛ほどしか成長しなくなり、薄毛へと変化していくのです。

このようなひょろひょろの痩せ細った髪の毛のことを「弱毛(じゃくもう)」と言います。

AGAの場合は頭頂部や前頭部の髪の毛のほとんどが、この弱毛になります。

「最近髪の毛をセットしても前髪が決まらない・・・」と言う方はAGAが進行している状態で、頭頂部だけではなく前頭部も薄毛になる可能性が非常に高くなります。

しかし、プロペシアを服用することでDHTを抑制することが可能となり、今までのようなしっかりとコシのある健康的な髪の毛を取り戻すことが可能となるのです。

プロペシアで初期脱毛が起こる期間について

プロペシアの服用を開始してから初期脱毛が表れ始める期間はさまざまですが、基本的には「1~2ヶ月」の期間と言われています。

また、初期脱毛が続く期間についてもAGAの進行具合やそれぞれの毛周期によって異なりますので、一概には言えません。

1ヶ月以内で収まる人も居れば、1ヶ月以上継続して抜け毛が増えると言う人も居ます。

プロペシア以外のAGA治療薬でも初期脱毛は起こる!?

AGA治療薬と言えばプロペシアですが、プロペシアの効果効能は、基本的にはDHTを抑制しあくまでも現状維持になりますので、発毛効果にはそれほど期待はできません。

プロペシアの服用で発毛効果を実感している人も居ますが、それは発毛しているのではなく今までDHTに抑えられていた髪の毛が成長しはじめたに過ぎません。

つまり、発毛効果を求めるならばプロペシアと併用して発毛効果のある治療薬を服用する必要があると言うことになります。

その発毛効果のあるAGA治療薬と言うのが「ミノキシジルタブレット」になります。

有効成分であるミノキシジルは、「血管拡張作用」が高く、頭皮の毛細血管を拡張し血流を良くすることで毛根を活性化し発毛を促してくれます。

実は、このミノキシジルにも初期脱毛と言う副作用があるのです。

つまり、プロペシアと併用してミノキシジルタブレットを服用していると言う人は、確実に初期脱毛が起こりますし、そこそこの量が抜けると思いますがそれほど心配する必要はないでしょう。

上記でも言いましたが、初期脱毛は悲観する副作用ではなく、回復傾向に向かっていると言う証拠になりますので、そのまま服用を継続するようにしてください。

初期脱毛が起こった際に考えてほしいこと

AGA治療薬であるプロペシアの服用を開始して初期脱毛が起こった場合に考えてほしいことがあります。

初期脱毛が起こると言うことは薬が効いている証拠であり、次に新しく健康的な髪の毛が生えてくることに期待できます。

この時に考えるべきことは「新しく生えてくる髪の毛を如何に強くするか」と言うことです。

プロペシアはあくまでも抜け毛を抑制するための薬になりますので、髪の毛を強く太くコシのある髪の毛に成長させることはできません。

ですから、髪の毛に良い食事などを意識して食生活を改善することも当然ですが、髪の毛の地盤でもある頭皮環境を整えるための栄養も必要不可欠となります。

例えばですが「育毛剤」なんかがその役目を果たしてくれます。

育毛剤と言っても「医薬品」「医薬部外品」とがあり、効果が高いのは医薬品になりますが、人によっては成分が強すぎて副作用を引き起こし頭皮環境を悪化させてしまう場合もあります。

医薬品の育毛剤と言えば、ミノキシジルを配合した「リアップX5」が有名ですが、私の場合はリアップX5を使用して副作用を引き起こしてしまったので、医薬部外品の育毛剤を使用しています。

どれだけ効果が高いと言われている育毛剤でも、副作用を起こしてしまったら意味がないので注意が必要になります。

ですから、育毛剤の副作用が心配な方は、まずは医薬部外品の育毛剤から試すことをおすすめします。

おすすめの医薬部外品の育毛剤

医薬部外品の育毛剤を試したい方は、「チャップアップ」育毛剤がおすすめになります。

実際私も使用している育毛剤で、育毛効果も実感しています。

なぜチャップアップをおすすめしているのかと言いますと、副作用が無いと言うことはもちろん、「万が一効果がなかったとしても全額返金保証してくれるから」になります。

しかもmチャップアップの全額返金保証は、期間に限りがなく「永久保証」になりますので、例えば1年間使用してみたけど効果がなかったと言う場合でも、1年分お支払いした料金全てが返金されるのです。

これはチャップアップ唯一の特典で、効果に自信があると言う表れでもあります。

実際、私もリアップX5で副作用を起こしてからチャップアップに変更して使用していますが、何の副作用もなく安心して使用することができています。

また、嫌な臭いやベタつきなどもなく快適に使用できているのでおすすめの商品になります。

>>チャップアップの公式サイトで詳細を見てみる

プロペシアの副作用の初期脱毛ではない場合もある・・・

プロペシアの服用開始後に起こる副作用に、上記のような初期脱毛があります。

初期脱毛が表れ始める期間も、終了するまでの期間も人それぞれで一概にどれぐらいの期間と言えません。

一般的には1~2ヶ月程と言われていますが、人によっては3ヶ月程続く場合もあるみたいです。

3ヶ月の長期期間を経て、抜け毛が治まり髪の毛が成長しはじめているのであれば、プロペシアの有効成分であるフィナステリドが効き始めている証拠になりますので心配する必要はないでしょう。

しかし、3ヶ月以上抜け毛が続いていると言うのであれば、それは初期脱毛ではなくAGAが進行している可能性もあります!

つまり、プロペシアが効いていないと言うことです・・・

このような場合は、処方してもらっている医療機関に相談するようにしてください。

それから、服用しているプロペシアが「偽造医薬品」と言う可能性も考えられますので注意が必要になります。

例えばですが、個人輸入代行サイトで購入したプロペシアを服用している場合などは、偽物の可能性が高く全く効いていないと言う場合もあります。

プロペシアに限らずですが、個人輸入代行サイトで医薬品を購入するのは大変危険な行為になりますので、絶対にしないようにしてください。

たとえ料金が安かったとしても、偽物のプロペシアであれば効果が無いどころか、想定外の副作用を引き起こしてしまう可能性も0ではありませんので、プロペシアを購入する際は、必ず医師の診察を受けて処方してもらうようにしてください。

プロペシアの偽造医薬品に要注意!個人輸入代行サイトで購入する偽物とその危険性について

AGA(男性型脱毛症)の治療薬として有名な「プロペシア」ですが、偽物が出回っているって知っていますか? いわゆる「偽造医薬品」と言うやつで、本来のプロペシアの効果を発揮しない薬になります・・・ プロペ ...

続きを見る

プロペシアを最安値で買う方法!

上記で言いましたように、安い価格でプロペシアを手に入れようとすると、どうしても海外製品のプロペシアに手を出してしま居がちになってしまいますね・・・

個人輸入代行サイトで購入できる海外製品のプロペシアは、国内正規品ではないため偽造医薬品の可能性もあります。

しかし、皮膚科でプロペシアの処方をしてもらうとなると、どうしても毎月10,000円前後必要になってしまいます・・・

つまり、個人輸入代行サイトで購入する場合の約2倍の費用が必要になると言うことです。

個人輸入代行サイトでプロペシアを購入すると、5,000円程(変動します)で購入できるし、通院する手間もなく入手できるので確かに楽ではありますが、偽物だった場合を考えるとあまりにもリスクが高すぎるのが現状になります。

ですから、少しでも安い価格でプロペシアを手に入れたいと言う場合は、以下で紹介するAGA治療を専門的に行っているクリニックに相談するようにしてください。

AGA治療専門クリニックだと個人輸入代行サイトよりもプロペシアが安い!

意外とみなさん知らないのですが、個人輸入代行サイトよりもAGA治療を専門的に行っているクリニックの方が安い値段でプロペシアを買うことができます。

一昔前までは、圧倒的に個人輸入代行サイトの方が低価格だったのですが、最近はそうでもありません。

ただし、一部のクリニックだけで他のクリニックの場合は、今まで通りの1万円前後と言う価格になります。

この一部のクリニックと言うのが「AGAスキンクリニック」になります。

薄毛にお悩みの方でしたら一度は聞いたことがある名前とは思いますが、現在国内では最安値でプロペシアを処方している唯一のクリニックになります。

ちなみにですが、AGAスキンクリニックではたった「4,200円~」でプロペシアの処方を行っています。

しかも、プロペシアのジェネリック医薬品でしたらさらに安い「3,400円」になります。

この事実を知っている人はあまりにも少なく、わざわざリスクの高い個人輸入代行サイトを利用している人が実際多くなっています。

ただし、AGAスキンクリニックに通える範囲内に居住していない場合は、私のように皮膚科での購入となってしまいます。

私も個人輸入代行サイトでの購入を相当悩みましたが、偽物を掴まされて後悔するのだけはイヤだったので毎月10,000円でプロペシアを処方してもらっています。

もし、AGAスキンクリニックが近くにあるのであれば、絶対に利用するべきでしょう。

AGAスキンクリニックでは「無料カウンセリング」も行っていますので、まずは相談からしてみてはいかがでしょうか?

>>AGAスキンクリニックの無料カウンセリングを受けてみる

まとめ

プロペシアを飲み始めて初期脱毛が起こっても心配はいりません!プロペシアの副作用の一つである初期脱毛は、プロペシアの主成分であるフィナステリドが効いている証拠になりますのでご安心ください。

ただし、上記でも言いましたように3ヶ月以上経過しても初期脱毛が治まらない場合は、プロペシアが効いていないか、偽造医薬品の可能性がありますので注意が必要になります。

医療機関で処方してもらった場合は、医療機関に相談してください。

個人輸入代行サイト等でプロペシアを購入した場合は、偽造医薬品の可能性も考えられますのですぐに服用を中止し専門医に相談するようにしてください。

AGA治療を専門的に行っているAGAスキンクリニックでは、無料カウンセリングを行っているので、まずは事情を説明して異常が無いか検査をしてもらうことをおすすめします。

上記の偽造医薬品の記事内でも説明していますが、偽造医薬品には本来配合されていない成分なども含まれている場合などもあり、最悪の場合死に至ったケースもありますので要注意なのです。

ですから、プロペシアを服用する際は、必ず専門医の診察を受けてから処方してもらうようにしてください。

>>AGAスキンクリニックの無料カウンセリングを受けてみる

それから、もう一度言いますが、初期脱毛に関しましては基本的に心配はいりませんのでご安心くださいね!

プロペシアの副作用や服用する前に知っておきたい知識

最近頭頂部が薄くなってきたと感じる、額の生え際部分が後退してきた、このような症状を感じている方は「AGA(男性型脱毛症)」の疑いがあります。 AGAの治療薬と言えば「プロペシア」が有名ですね! 薄毛に ...

続きを見る







-プロペシアの副作用
-, , , , , , , ,

Copyright© 本当にあった怖いプロペシアの副作用 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.