プロペシアの副作用が心配な方へ!正しい知識を身につけて安全に服用し薄毛を改善しましょう。

本当にあった怖いプロペシアの副作用

AGA(男性型脱毛症) プロペシアに関するコラム プロペシアのよくある質問 プロペシアの副作用

アトピー性皮膚炎でもプロペシアを飲んでも大丈夫?

投稿日:

アトピー性皮膚炎が持病と言う場合でもプロペシアを飲んでも大丈夫なの?

アトピーが原因でAGAの治療薬であるプロペシアを飲んでも大丈夫なのか不安に感じている人も多いと思いますが、プロペシアはAGAの原因であるDHT(ジヒドロテストステロン)を抑制させるための薬になりますので、アトピーに何かの影響を与える可能性は極めて低いと言えます。

結論を言うと、アトピーが持病の方でもAGA治療薬であるプロペシアを飲んでも問題ないと言うことになります。

ただし、アトピーの方がプロペシアを飲みはじめて痒みが酷くなった場合やアトピーの症状が酷くなった場合はすぐに服用を中止し、専門医に相談するようにしてください。

また、アトピーの方がプロペシアを飲むことは基本的には問題ありませんが、プロペシアにはどのような効果がありどのような副作用があるかは服用前に知識として持っておくことをおすすめします。

そこで今回は、プロペシアとアトピーについて解説していきたいと思いますので、アトピーが持病の方で心配と言う方は最後までお付き合いください。

アトピー性皮膚炎とは?

アトピー性皮膚炎とは、状態が悪くなったり良くなったりを繰り返す皮膚の病気で、痒みのある湿疹を主な病変とする皮膚の病気になります。

アトピー性皮膚炎は、もともとアレルギー反応を起こしやすい体質の人や皮膚のバリア機能が弱い人に多く見られる皮膚の炎症を伴う病気になります。

主な症状は「湿疹」「かゆみ」で、症状が悪くなったり良くなったりを繰り返し行い、症状が良くなっても再発の可能性が非常に高くなかなか治らない慢性的な病気になります。

アトピー性皮膚炎は、一般的に成人で6ヶ月以上、乳幼児で2ヶ月以上続くと慢性と判断します。

アトピー性皮膚炎の湿疹の特徴は、

  • 赤みがある
  • じゅくじゅくして引っ掻くと液体が出る
  • ささくれ立って皮が剥ける
  • 長引くとごわごわ硬くなり皮膚が盛り上がる
  • 左右対称にできやすい

になります。

アトピー性皮膚炎の症状が出やすい箇所は、

  • おでこ
  • 目の周り
  • 口の周り
  • 耳の周り
  • 手足の関節の内側

になります。

アレルギーを起こしやすい人の特徴

ご家族にアトピー性皮膚炎や喘息、花粉症、アレルギー性鼻炎、食物アレルギー等の人が居る場合は、その体質が遺伝しアレルギーを起こしやすくなる場合があります。

また、実際にこのような病気を患ったことがある場合もアレルギーを起こしやすい体質になります。

このような体質のことを「アトピー素因」と言います。

皮膚のバリア機能が低下する原因

皮膚は、表面の皮脂膜やその下の角質細胞、角質細胞間脂質などがバリアの役割を担っていて、外部からの物質の侵入や肌内部の水分の蒸発による皮膚の乾燥を防いでいます。

アトピー性皮膚の場合は、このような皮膚のバリア機能が弱っているため、外部からの異物や細菌が容易に皮膚の中に侵入しやすい状態になっています。

皮膚のバリア機能はもともとの体質もありますが、皮膚を引っかいたり擦ったりするような物理的の刺激や汗、石鹸、化粧品、紫外線等によっても低下しますので注意が必要になります。

アトピーの原因はバリア機能異常と免疫の過剰反応

アトピー性皮膚炎の特徴は、症状が良くなったり悪くなったりを繰り返しながら長期にわたって皮膚の炎症が続く病気になります。

炎症は、本来は体の外側から侵入してきた異物と戦って退治する「免疫反応」によって起こるもので、細菌やウイルスから身を守る為に必須になります。

しかし、アトピー性皮膚炎の場合は、この免疫が過剰に反応し、本来退治する必要のないものに対しても不必要に炎症が起きてしまうことが病気の根本にあります。

このように免疫が過剰に反応してしまう理由としましては、もともとのアレルギーを起こしやすい体質であるアトピー素因や皮膚バリア機能の低下も大きく関係しますが、他にも長期間に渡って皮膚に加わる強い刺激やストレス、疲労なども免疫を不安定にしてアトピー性皮膚炎を悪化させてしまう場合があります。

皮膚への刺激には以下のようなものがあります。

  • ダニ
  • カビ
  • ほこり(ハウスダスト)
  • 物理的な刺激(引っ掻く、擦る)
  • 化学物質(石鹸・化粧品・消毒薬・金属)
  • 皮膚の汚れ
  • 紫外線

上記の様な皮膚への刺激で、肌バリア機能を低下させてしまいます。

アトピー性皮膚炎でもプロペシアを飲んでも大丈夫?

アトピー性皮膚炎の特徴は上記で解説した通りになります。

それでは本題の「アトピー性皮膚炎でもプロペシアを飲んでも大丈夫?」について解説していきたいと思います。

プロペシアは「AGA(男性型脱毛症)」の治療薬で、プロペシアを飲むことによって薄毛の進行を食い止めることが可能となります。

プロペシアの主成分は「フィナステリド」と言って、もともとは前立腺肥大の治療薬として開発されましたが、その副作用として髪の毛が生えてくる事が分かったのが薄毛治療薬としてのはじまりになります。

AGAの原因は強力な脱毛ホルモンである「DHT(ジヒドロテストステロン)」で、このホルモンは男性ホルモンであるテストステロンが「5αリダクターゼ(還元酵素)」によって返還された脱毛ホルモンになります。

5αリダクターゼ(還元酵素)とは?DHT(ジヒドロテストステロン)を作る原因?

「AGA(男性型多毛症)」の原因である男性ホルモン「DHT(ジヒドロテストステロン)」はどのようにして生成されるか知っていますか? DHTは、男性ホルモンであるテストステロンが「5αリダクターゼ(還元 ...

続きを見る

DHT(ジヒドロテストステロン)とは?AGA(男性型脱毛症)の原因なの?

日本人男性の薄毛にお悩みの方のほとんどが「AGA(男性型脱毛症)」になります。 このAGAの原因は、男性ホルモンである「DHT(ジヒドロテストステロン)」なのです!DHTが髪の毛の成長の邪魔をして、毛 ...

続きを見る

テストステロンがジヒドロテストステロンに変換され、ジヒドロテストステロンが毛乳頭細胞にある受容体と結合することによって髪の毛の成長が止まり抜け毛が増えて薄毛に繋がると言う仕組みになります。

つまり、テストステロンがジヒドロテストステロンに変換されなければ薄毛にならないと言うことです。

このテストステロンがジヒドロテストステロンに変換されるのを防いでくれるのがプロペシアの主成分であるフィナステリドになります。

プロペシアを服用することによってフィナステリドがジヒドロテストステロンの働きを阻害してくれるので、髪の毛は全うに成長し薄毛が改善されるのです。

このプロペシアには副作用があり、「性欲減退・肝機能障害」等が代表例ではありますが、皮膚に影響を与えて炎症を起こしたり、皮膚の炎症を悪化させたりと言う様な副作用は未だに報告されていません。

つまり、アトピー性皮膚炎の方がプロペシアを飲んでも直接的な関係はないので問題ないと言うことになります。

ただし、必ずしも悪影響が無いと言う訳ではないので、持病がアトピー性皮膚炎の場合はプロペシア服用前に主治医に相談することをおすすめします。

内服して体内に入る薬になりますので、万が一の事を考えて専門家である医師に相談する方が安心ですね。

結論は、基本的にアトピー性皮膚の方がプロペシアを飲んでも問題ありませんが、万が一の事を考えて主治医に相談しましょう。

プロペシアはどこで手に入る?

プロペシアは皮膚科や内科、もしくはAGA専門のクリニック等で手に入ります。

アトピー性皮膚のの方でしたら皮膚科に通院していると思いますので気軽に相談してみてください。

プロペシアの価格は平均すると「1万円(28錠)」になります。

これを毎日服用する必要がありますので、年間12万円必要になると言うことになります。

ちなみにですが、プロペシアは継続して飲む必要があると言うことと即効性はないと言うことは頭に入れておいてください。

プロペシアに即効性はない!最低でも1年間の継続が必要!

プロペシアはAGA治療薬で薄毛を改善させる効果がありますが、即効性はありません。

そのため、最短でも半年ほど飲み続ける必要があり、人によっては1年間飲み続けてやっと効果を実感できると言う場合もありますので、まずは1年間継続して飲み続けましょう。

ハゲを改善するためには相当な費用が必要になりますが、少しでも負担を減らす為の方法を以下でご紹介したいと思いますので興味のある方は参考にしてみてください。

プロペシアが高い!?そんな時は通販がおすすめ!

プロペシアはAGAの治療薬で、AGA治療は健康保険適用外の自由診療になりますので全て実費になってしまいます。

そのため、毎月1万円程の出費が必要なってしまいますね。

例えば、今現在30歳で60歳までハゲたくないと言う場合は30年間もプロペシアを飲み続ける必要があるのです。

単純に計算してみると、年間12万円の30年間になりますので、360万円も必要と言うことになります・・・

ハゲないためには余裕で車1台買えるぐらいのお金が必要になると言うことです。

そう考えると別にハゲてもいいや・・・

と思う人も少なからずいると思います。

しかし、プロペシアに必要なお金が半額で済むならいかがでしょうか?

トータルで考えるよりも、毎月の出費が1万円ではなく5千円だったらいかがでしょうか?

なんだか続けられそうですよね?

プロペシアは皮膚科や内科で処方してもらうと1万円、病院によっては1万円以上必要になります。

しかし、通販の場合だと半額以下の4千円代でプロペシアを手に入れることができるのです。

毎月のお小遣いから1万円の出費はかなり大きいけど、5千円なら何とかなりそうですよね?

アトピー性皮膚で通院するのにもお金が必要な上にAGAの治療にまでお金が必要になると相当痛い出費になりますね。

ですから、プロペシアを既に飲んでいる人やこれからプロペシアを飲みはじめようと検討していると言う方は、少しでも毎月の出費を少なくするためにプロペシアの通販を試してみてはいかがでしょうか?

プロペシアの通販には賛否両論あり、不安に思われている方も多いと思いますのでプロペシアの通販についてまとめてみましたので以下の記事を参考にしてみてください。

【危険】プロペシアは通販で買ってはダメ?想定外の副作用で取り返しのつかないことになる?

AGAでお悩みの方は「プロペシア」の服用を検討すると思いますが、実際プロペシアは保険適用外の医薬品になりますので、皮膚科等で処方してもらう場合はかなり高額になってしまいます・・・ そこで、ほとんどの方 ...

続きを見る

オオサカ堂のプロペシアは偽物?評判や口コミから信頼できるかチェックしてみました

個人輸入代行サイトではプロペシアを最安値で手に入れることができます。 プロペシアと言えば「AGA(男性型脱毛症)」の治療薬と言うことは、薄毛にお悩みの方でしたらほとんどの方が知っていると思います。 し ...

続きを見る

プロペシアの偽造医薬品に要注意!個人輸入代行サイトの通販で購入する偽物とその危険性について

AGA(男性型脱毛症)の治療薬として有名な「プロペシア」ですが、偽物が出回っているって知っていますか? いわゆる「偽造医薬品」と言うやつで、本来のプロペシアの効果を発揮しない薬になります・・・ プロペ ...

続きを見る

プロペシアはAmazonや楽天市場で買えるの?病院と通販はどっちが安い?

「AGA(男性型脱毛症)」でお悩みの方にとって救世主的な存在でもあるAGA治療薬「プロペシア」は、薄毛の方にとって欠かすことのできない薬になります。 プロペシアの主成分は「フィナステリド」と言って、A ...

続きを見る

まとめ

アトピー性皮膚の場合でもプロペシアを飲んでも直接的に皮膚の炎症が悪化したりすることはありませんので、基本的には問題ありません。

ただし、上記でも言いましたが万が一がありますので、アトピーが持病の方でプロペシアの服用を検討していると言う方は主治医に相談することをおすすめします。

プロペシアの副作用や服用する前に知っておきたい知識

最近頭頂部が薄くなってきたと感じる、額の生え際部分が後退してきた、このような症状を感じている方は「AGA(男性型脱毛症)」の疑いがあります。 AGAの治療薬と言えば「プロペシア」が有名ですね! 薄毛に ...

続きを見る







-AGA(男性型脱毛症), プロペシアに関するコラム, プロペシアのよくある質問, プロペシアの副作用
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© 本当にあった怖いプロペシアの副作用 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.