プロペシアの副作用が心配な方へ!正しい知識を身につけて安全に服用し薄毛を改善しましょう。

本当にあった怖いプロペシアの副作用

AGA(男性型脱毛症) プロペシアについて プロペシアに関するコラム

プロペシアの効果が表れるのは半年後?最低6ヶ月~1年で継続するか判断しよう!

更新日:

プロペシアと言えば「AGA(男性型脱毛症)」の治療薬で、薄毛を治したい方にとっては救世主のような飲み薬になります。

そんなプロペシアですが、「即効性」がなく効果が表れるまでに相当な期間が必要と言われております。

プロペシアの効果が表れるまでの期間は、人によって異なりますが大体「6ヶ月」と言われております。

しかし、場合によっては6ヶ月で効果が表れない人も居て、効果を時間するまでに1年ほど必要になる場合もあります。

つまり、プロペシアが自分の薄毛に効いているかの答え合わせは、プロペシアを飲みはじめてから最低でも半年後、遅ければ1年後と言うことになります。

では、プロペシアが効いているかどうかの判断はどのようにすれば良いのでしょうか?

そこで今回は、プロペシアが効いているかの判断をする為の方法や継続するべきかについて解説していきたいと思います。

プロペシアを6ヶ月間飲み続けると必ず効果が表れるのか?

プロペシアはAGA治療薬の中でも代表的な薬で、ほとんどの薄毛の方がプロペシアを飲みはじめると約半年で効果を実感すると言います。

しかし、6ヶ月と言う期間はあくまでも目安であり、必ず6ヶ月間プロペシアを飲み続けることで効果が表れるとは限らないのです。

プロペシアを飲んでいる人の中には、1年間飲み続けてようやく効果が表れてきたと言う人も居ますので、半年後に答え合わせをするのは少し早いような気もします。

とは言っても、プロペシアが効かない薄毛の人も稀に居ますので、このような場合はとりあえず1年間経過観察した方が良いでしょう。

プロペシアを1年間飲み続けて薄毛が改善するのであれば継続した甲斐もあると思います。

実際にプロペシアの添付文書をご覧いただければ分かりますが、「6ヶ月間の継続した服用が必要」であると記載があります。

なぜ継続して飲み続ける必要があるのかと言いますと、プロペシアの主成分であるフィナステリドの体内濃度を維持する必要があるからになります。

プロペシアの効果が表れるにはフィナステリドの体内濃度の維持が重要

AGAの原因は、強力な脱毛ホルモンと言われる「DHT(ジヒドロテストステロン)」になります。

このDHTが毛乳頭細胞内にある受容体と結合することで、毛周期が狂い抜け毛が急激に増えてしまいます。

そして、このDHTは男性ホルモンであるテストステロンが「5αリダクターゼ(還元酵素)」と結合することによって生成されてしまうのです。

つまり、AGAの進行を食い止めて薄毛を改善するためには、この強力な脱毛ホルモンDHTの生成を抑制しなければならないと言うことです。

その役割を担ってくれるのが、プロペシアの主成分であるフィナステリドになります。

フィナステリドは、DHTを生成する5αリダクターゼの働きを阻害してくれますので、体内にフィナステリドの成分がある限り薄毛の進行を食い止めることができるのです。

そのため、プロペシアは継続して飲み続ける必要があるのです。

5αリダクターゼ(還元酵素)とは?DHT(ジヒドロテストステロン)を作る原因?

「AGA(男性型多毛症)」の原因である男性ホルモン「DHT(ジヒドロテストステロン)」はどのようにして生成されるか知っていますか? DHTは、男性ホルモンであるテストステロンが「5αリダクターゼ(還元 ...

続きを見る

DHT(ジヒドロテストステロン)とは?AGA(男性型脱毛症)の原因なの?

日本人男性の薄毛にお悩みの方のほとんどが「AGA(男性型脱毛症)」になります。 このAGAの原因は、男性ホルモンである「DHT(ジヒドロテストステロン)」なのです!DHTが髪の毛の成長の邪魔をして、毛 ...

続きを見る

プロペシアは飲みはじめて効果が表れるまで6ヶ月必要

基本的に、プロペシアは飲みはじめてから6ヶ月間継続して服用することで効果が表れると言われています。

早い人だと3ヶ月ほどで効果を実感すると言う場合もありますが、上記でも言いました通り遅い人だと1年ほどかかる場合もあります。

つまり、6ヶ月という期間はあくまでも目安と言うことになります。

プロペシアの効果がいつどのような形で表れるのかは個人差がありますので、6ヶ月と言う期間を目安に服用し、どのような変化や症状があるかをしっかりと観察することをおすすめします。

例えばですが、

  • 抜け毛が減ってきた
  • 髪の毛にハリ・ツヤが出てきた
  • 髪の毛が太くしっかりしてきた
  • 髪の毛のコシが戻ってきた

等の変化が表れるはずです。

このような変化が表れはじめましたら、プロペシアが効いている証拠になります。

プロペシアの効果の表れ方は人それぞれ異なりますが、6ヶ月という期間でなにかしらの変化が見られた場合は効いていると言う証になりますので、根気よく継続して飲み続けるようにしてください。

万が一、1年以上プロペシアを飲み続けているにも関わらず、上記の様な変化が見られない場合はプロペシアが効いていない可能性が高くなります。

このような場合は、一度皮膚科等に相談することをおすすめします。

もしかするとAGAが原因による薄毛ではない可能性があります。

また、AGAだとしても100%の全ての人にプロペシアが効果があると言う訳ではありません。

このような場合は、プロペシアではなくもう一つのAGA治療薬が必要になります。

プロペシアを6ヶ月間継続して服用した人の声

それでは実際にプロペシアを6ヶ月間継続して飲み続けた人の声を見てみましょう。

以下では、6ヶ月間プロペシアを飲み続けて効果があった人と効果がなかった人の声をご紹介しています。

6ヶ月で効果が表れた人の声

まずは6ヶ月間プロペシアを飲んで効果があった人の声を見て行きましょう。

頭頂部が薄くなりはじめたので皮膚科に相談したところAGAと言うことが判明しました。それからプロペシアを飲みはじめましたが初めの内は全く効果がなく抜く毛が止まりませんでした。しかし、先生が言った通り半年ほど飲み続けた頃には抜け毛がほとんどなくなり、少しづつ髪の毛もしっかりしてきたように思いました。初めに効果を実感したのは3ヶ月目ぐらいで、あの頃から抜け毛が減り始めたように思います。
てっぺんとおでこが薄くて悩んでいたところ、知人にプロペシアの存在を教えてもらいました。皮膚科に行こうか迷ったけど、知人が通ネットの方が安いと言っていたのでネットでプロペシアを購入して飲みはじめました。おでこはもともと広かったのでそれほど気にしていなかったのですが、頭のてっぺんが相当薄くなっていました。プロペシアを飲みはじめて1ヶ月目はなにの変化もなく、2ヶ月目もそのまま変化なし、そして3ヶ月目に抜け毛が少し減りました。シャンプーのときの本数が極端に減ったのと、枕に付いていた髪の毛も減りました。そして、抜け毛の太さや長さが違うことにも気づきました。それから1年ほど継続して飲んでいますが、かなり回復してきて、もう少しで完全復活できそうです。
プロペシアを飲みはじめましたが全く効果がありませんでした。皮膚科では半年ぐらいで効果が表れると言っていましたが何の変化も無いのでお金の無駄なのでやめようかと思っていた時に、抜け毛が急に減りはじめて産毛が増えていることに気づきました。そして8ヶ月目ぐらいには髪の毛が成長しはじめて、頭頂部の薄いのがあまり目立たなくなりはじめたのです。効果が表れはじめたので継続することを決意しました。
プロペシアをン飲みはじめて5ヶ月目ですが、効果を感じています。抜け毛が減ったことと髪の毛がしっかりしてきたように感じます。前までは細くて短い抜け毛が大量に枕に付いていたのですが、今ではすっかりなくなりました。
つむじ回りのハゲはとりあえず6ヶ月と言われたので試しにプロペシアを飲みはじめました。お金が高いので途中から個人輸入に切り替えましたが、効果は十分出ていると思います。まず抜け毛が減ったことが一番の効果だと思います。それから、髪の毛が若い頃の様に太くてコシがあるように思います。これは継続してみる価値ありだと思います。

ほとんどの人が3ヶ月目に変化を感じ、6ヶ月目には効果を実感しているのが分かりますね。

プロペシアの添付文書には6ヶ月間の継続が必要と記載がありますが、まさにその通りです。

抜け毛が減り髪の毛がしっかりとしてきたと言う声が多くなりますので、プロペシアには薄毛改善効果があると言うことがよく分かります。

6ヶ月で効果が表れなかった人の声

6ヶ月間プロペシアを飲んだにも関わらず効果がなかった人の声を見て行きましょう。

M字と頭頂部のハゲで悩んでいるところ、AGAと言うことを知り皮膚科に相談しました。プロペシアを処方してもらい飲みはじめましたが効果はあまりありません。半年経過した現在では、頭頂部は抜け毛が減りましたが、M字部分は変わりなしと言うか進んでるような気ももします。やはり1年ぐらい様子見ないとダメなんですね。
プロペシアを飲みはじめて8ヶ月目になりますが、おでこの薄毛が改善しません。頭頂部はハゲてないのですが、おでこの生え際部分がぱっと見薄いのがすぐに分かります。やっぱり1年以上かかる可能性が高いですね。
前も後ろもハゲ散らかしています。皮膚科に相談するとプロペシアを飲むと改善する可能性があると言われたので1年ぐらい飲んでるけど、全く改善しません。ただ、抜け毛が減り現状維持はできているので飲む価値はあるのかなと思っています。
プロペシア飲みはじめて5ヶ月目になりますが、何の変化もないし全く効果を感じられません。とりあえず6ヶ月と言われたのでもう少し継続しますが。このまま前と後ろ繋がってしまわないか心配です。
1年間プロペシアを飲み続けた結果、頭頂部は少しづつ改善してるけど、前頭部の薄毛が改善しません。なぜ頭頂部には効いているのに前頭部の薄毛には効かないのかは分かりませんが、とりあえず以前よりはマシになっているので継続したいと思います。

効果がない人にはある特徴があることに気づきましたか?

プロペシアを6ヶ月飲んでいるにも関わらず効果が表れないと言う人の共通点は「前頭部の薄毛」になります。

いわゆるM字ハゲと言うやつですね。

効果がある人のほとんどは頭頂部の薄毛で、前頭部の薄毛の方にはプロペシアはあまり効果を発揮しない傾向があります。

薄毛と一口に言ってもハゲ方は人それぞれで、薄毛進行状況も十人十色になりますので当然効果の表れ方や期間が異なります。

しかし、前頭部の薄毛の方のほとんどがプロペシアは効果がないと言う声が目立っていますね。

これには実はある理由があるのです。

プロペシアの効果が6ヶ月で表れる人の特徴

プロペシアの効果が飲みはじめて6ヶ月で表れた人にはある特徴があります。

思い出してほしいのですが、プロペシアの主成分は「フィナステリド」になります。

このフィナステリドが5αリダクターゼの働きを阻害し、DHTの生成を抑制することによって薄毛の進行を食い止め薄毛を改善につなげてくれると言いましたね。

AGAを改善するためにはAGAの原因である5αリダクターゼの働きを阻害すれば大丈夫と言うことになります。

5αリダクターゼには「1型」「2型」の2種類が存在し、プロペシア(フィナステリド)が効果を発揮するのは2型5αリダクターゼのみになります。

つまり、プロペシアを6ヶ月間飲み続けて効果があったと言う人のAGAの原因は2型5αリダクターゼと言うことになります。

半年間でなにかしらの変化があると言うことは、2型5αリダクターゼが原因でありプロペシアが効いている証拠になりますので、そのまま継続しても大丈夫でしょう。

5αリダクターゼ(還元酵素)とは?DHT(ジヒドロテストステロン)を作る原因?

「AGA(男性型多毛症)」の原因である男性ホルモン「DHT(ジヒドロテストステロン)」はどのようにして生成されるか知っていますか? DHTは、男性ホルモンであるテストステロンが「5αリダクターゼ(還元 ...

続きを見る

プロペシアの効果が6ヶ月で表れない人の特徴

一方、プロペシアを6ヶ月間継続して飲んでも効果が表れない人は、AGAの原因が2型5αリダクターゼではなく1型5αリダクターゼになります。

プロペシアの主成分フィナステリドでは1型5αリダクターゼの働きを阻害することができないため、薄毛を改善することができないのです。

そして、1型5αリダクターゼはM字ハゲの人に多いと言われていて、1型と2型の両方の5αリダクターゼが存在している人が非常に多くなります。

つまり、M字ハゲの人はプロペシアを飲んでも薄毛が改善する可能性が極めて低いと言うことになります。

では、1型と2型の5αリダクターゼの働きを阻害するためにはどうすれば良いのでしょうか?

と言うことになると思いますが、方法はあります。

フィナステリドは2型5αリダクターゼにしか効果を発揮しませんが「デュタステリド」と言う成分は1型と2型の両方の5αリダクターゼに効果を発揮してくれるのです。

プロペシアではなく「ザガーロ」と言うAGA治療薬の名前を聞いたことがある人も多いと思いますが、このザガーロの主成分がデュタステリドになります。

そのため、半年以上プロペシアを飲んでいるにも関わらず効果を感じないと言う場合は、1型と2型の両方の5αリダクターゼの両方が頭部に存在している可能性が非常に高くなりますので、デュタステリドを主成分としたAGA治療薬を服用することをおすすめします。

もっと詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてみてください。

プロペシアが効かない人には理由がある!なぜ薄毛が治らないのか徹底解説

AGAを改善するためにプロペシアの服用を始めたのはいいものの、待てど暮らせど全くプロペシアが効かないと言う人も少なくはありません。 プロペシアは「AGA(男性型脱毛症)」の治療薬で、脱毛防止効果のある ...

続きを見る

プロペシアからザガーロへ切り替えても大丈夫?気になる効果や副作用について

プロペシアを飲んでいるけど髪の毛が増えないどころか抜け毛も減らないと言う人も少なくはないのではないでしょうか? プロペシアが効かないと言う人も意外に多く、このような場合は「プロペシア(主成分:フィナス ...

続きを見る

デュタステリドとは?その効果と副作用等の特徴について徹底解説

日本人男性の薄毛の原因と言えば「AGA(男性型脱毛症)」がほとんどで、その治療薬で有名なのが「プロペシア」になります。 プロペシアの有効成分である「フィナステリド」がAGAの原因である「DHT(ジヒド ...

続きを見る

プロペシアが効かない理由は他にもある!?

6ヶ月間プロペシアを飲み続けたのに効果がなかったと言う理由は5αリダクターゼ以外にもあります。

その理由は「そもそもAGAではない」になります。

ハゲているから必ずAGAと言うことではなく、薄毛になる原因はAGA以外にもたくさんあります。

例えばですが、

  • 円形脱毛症
  • 脂漏性脱毛症
  • 粃糠(ひこう)性脱毛症
  • 抜毛症
  • ストレスによる薄毛
  • 生活習慣の乱れによる薄毛
  • 頭皮の詰まりによる薄毛

等の薄毛があります。

上記に該当する薄毛の場合は、AGAではないのでプロペシアを飲んでも効果がないどころか何の意味もありません。

もしプロペシアを飲んでいるにも薄毛が改善しないと言う場合は、上記の可能性もありますので皮膚科等に相談することをおすすめします。

プロペシアの効果をより発揮させる為の方法

プロペシアの効果をより発揮させるためには、フィナステリドの体内濃度を維持する必要があります。

つまり、プロペシアを飲み忘れたりする事で体内濃度が薄まり効果が弱くなってしまう可能性があると言うことです。

プロペシアは1日1錠と決まっています。

要するにプロペシアの効果は24時間しかもたないと言うことになります。

そのため、毎日決まった時間にプロペシアを服用し、体内濃度を維持することが最もプロペシアの効果を発揮させる方法と言うことになるのです。

また、生活習慣の改善や食生活の見直し、ストレスの発散などもプロペシアの効果を発揮させるために重要になってきますので注意するようにしましょう。

プロペシアは飲む時間によって効果がちがうの?効果を最も引き出す飲み方の4つのポイントをご紹介

AGA(男性型脱毛症)でお悩みの方でしたら、AGA治療薬のプロペシアについていろいろ調べていると思いますが、プロペシアの飲む時間帯はいつがいいのかについては情報がほとんどないですよね。 これからプロペ ...

続きを見る

生活習慣の改善でより効果的に

生活習慣が乱れているとプロペシアの効果を弱めてしまう可能性があります。

特に「睡眠」がとても大切で、髪の毛は寝ている間に成長していますので、質の良い睡眠を十分にとる必要があるのです。

睡眠不足になることで自立神経である交感神経が活発に働き、血管が収縮することで血行不良の原因となります。

血行不良になると髪の毛に必要な栄養素が毛根までしっかりと届かなくなり抜け毛の原因になります。

また、プロペシアの有効成分は血液によって毛根まで運ばれるので、血行不良になることで有効成分が運搬されなくなってしまいます。

そうならないためにも、規則正しい生活を送り、質の良い睡眠を意識して睡眠不足にならないように注意するようにしてください。

また、運動不足やストレスも同じように血行不良を引き起こす原因になりますので要注意になります。

運動不足は肥満に繋がり血行不良を引き起こします。

ストレスは睡眠不足と同じように交感神経が活発になり血行不良を引き起こしてしまいます。

そのため、適度な運動を心がけ、ストレスは溜めずに発散し、十分な睡眠をとりリラックスした状態を維持するようにしましょう。

そうすることで、副交感神経が働き血行促進効果に繋がりますので、プロペシアの効果をより発揮しやすくなります。

また、喫煙も頭皮の毛細血管の収縮の原因となり、血行不良を招きますので要注意になりますので、なるべく禁煙するようにしましょう。

食生活の見直しでより効果的に

髪の毛の成長を促進させるためには栄養バランスの取れた食生活が大切になります。

特に外食中心の方やファーストフードが好きな方は要注意で、脂質を中心とした食生活は血液や血管を老化させる原因になります。

「タンパク質・亜鉛・ビタミンB2・B6」は薄毛の改善に効果的な栄養素になりますので、積極的に摂り入れることをおすすめします。

また、肉類中心の食事にするのではなく、魚類や野菜もしっかりと摂取するようにしてください。

それから、アルコールも飲み過ぎると薄毛によくありませんので要注意になります。

アルコールを摂取すると肝臓で分解されますが、「アセトアルデヒド」と言う毒性の物質が生成されます。

このアセトアルデヒドは、AGAの原因であるDHTを増加させる働きがありますので、プロペシアの効果を半減させてしまうのです。

せっかくプロペシアを飲んで薄毛を治そうとしているのに本末転倒になってしまいます。

また、アルコールを分解する際に髪の毛に必要なアミノ酸を大量に消費しますので、髪の毛の成長に必要なアミノ酸が不足してしまいます。

そのため、お酒の飲み過ぎにはくれぐれも注意するようにしてください。

ミノキシジルとの併用でより効果的に

ミノキシジルと併用することでプロペシアの効果をより発揮させることが可能になります。

プロペシアの効果はAGAの進行を食い止めて抜け毛を減らし、髪の毛を太く長く成長させる効果になります。

ミノキシジルの効果は、血管拡張や血行促進の効果があり髪の毛を成長させる効果や発毛効果に優れています。

そのため、プロペシアとミノキシジルを併用することで、より効果的でより早く薄毛を改善することが可能となるのです。

ミノキシジルタブレットとプロペシアの併用が薄毛改善の近道!?発毛促進効果と副作用について

「AGA(男性型脱毛症)」の治療で使用される最強の発毛剤(育毛剤)として有名な成分が「ミノキシジル」になりますが、一般的な皮膚科や内科では処方されることはありませんので知らない人の方が多いかもしれませ ...

続きを見る

6ヶ月以上もプロペシアを続けるだけの資金がない

プロペシアは継続する必要のある薬になりますので、薄毛が改善してもハゲたくないのであれば継続して飲み続ける必要があります。

つまり、プロペシアを6ヶ月~1年間飲み続けて、薄毛が改善したからと言って服用を中止するとまた薄毛に逆戻りしてしまうことになるのです・・・

プロペシアのおかげでせっかく薄毛が治ったのに、またハゲるなんて絶対イヤですよね?

でも、プロペシアは高額な薬で、それを買うための資金がないとなると致し方ありません・・・

ですが、あなたはそれで諦められますか?

せっかくハゲが治ったと言うのに、またハゲに逆戻りなんて考えられませんよね?

6ヶ月以上もプロペシアを続けるだけの資金がないと言う場合や少しでも安くプロペシアを手に入れたいと言う方は、プロペシアの個人輸入をおすすめします。

皮膚科等でプロペシアを処方してもらう場合は約1万円必要になりますが、個人輸入だと半額以下の4千円代での購入が可能になります。

つまり、6ヶ月間で約3万円、1年間で約6万円程の費用でプロペシアを飲み続けることができるのです。

皮膚科で処方してもらうい場合だと倍の年間12万円も必要になります。

とは言ってもプロペシアの個人輸入と聞くと危険なイメージがあると思います。

危険な場合もありますが、正しいルートで購入すれば安全になりますので、興味のある方は以下の記事を参考にしてみてください。

【危険】プロペシアの通販は危ない?安全に本物を見分ける4つの方法

AGAでお悩みの方は、AGA治療薬である「プロペシア」の服用を検討すると思いますが、実際AGA治療は保険適用外の医薬品になりますので、皮膚科等で処方してもらう場合はかなりの高額になってしまいます・・・ ...

続きを見る

まとめ

プロペシアの効果が表れる期間には個人差がありますが、プロペシアの添付文書には6ヶ月間の継続した服用が必要と記載があります。

早い人だと3ヶ月ほどで変化を感じますし、6ヶ月目に効果を実感する人も居ます。

また、1年経過しないと効果を感じられないと言う人も居ますので、とりあえずは1年を目標に継続して飲むことをおすすめします。

プロペシアを飲み始めて6ヶ月で薄毛改善効果を実感した体験談!【30代男性】

今回はプロペシアを飲みはじめて半年ほどで効果を実感したと言う30代男性の体験談のご紹介になります。 AGA治療薬のプロペシアは一般的に何かしらの効果を実感するのは飲みはじめてから最低3ヶ月は必要と言わ ...

続きを見る

プロペシアの副作用や服用する前に知っておきたい知識

最近頭頂部が薄くなってきたと感じる、額の生え際部分が後退してきた、このような症状を感じている方は「AGA(男性型脱毛症)」の疑いがあります。 AGAの治療薬と言えば「プロペシア」が有名ですね! 薄毛に ...

続きを見る







-AGA(男性型脱毛症), プロペシアについて, プロペシアに関するコラム
-, , , , , , , ,

Copyright© 本当にあった怖いプロペシアの副作用 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.