プロペシアの副作用が心配な方へ!正しい知識を身につけて安全に服用し薄毛を改善しましょう。

本当にあった怖いプロペシアの副作用

AGA(男性型脱毛症) プロペシアに関するコラム 薄毛対策

ミノキシジルタブレットとプロペシアの併用が薄毛改善の近道!?発毛促進効果と副作用について

更新日:

「AGA(男性型脱毛症)」の治療で使用される最強の発毛剤(育毛剤)として有名な成分が「ミノキシジル」になりますが、一般的な皮膚科や内科では処方されることはありませんので知らない人の方が多いかもしれません。

ミノキシジルは、発毛を促進させるためのAGA治療薬としてAGAクリニックで処方される内服薬で、その発毛(育毛)効果の高さから多くの方が薄毛の悩みを克服しているのです。

後ほど詳しく解説しますが、AGA治療薬で有名な「プロペシア」には発毛(育毛)効果はそれほど期待できません。

なぜなら、プロペシアはあくまでも脱毛を防止するための薬になるからです。

そのため、劇的に髪の毛を増やしたいと言う場合は、発毛効果の高いミノキシジルが必須となってくるのです。

今回はAGA治療薬であるプロペシアと併用した方が良いミノキシジルについて解説していきたいと思いますので、プロペシアを飲んでいるけど思うように薄毛が改善していないと言う方は参考にしてみてください。

目次

ミノキシジルとは?

ミノキシジルとは、「発毛・育毛」効果の高い成分のことで、もともとは高血圧症の治療薬として使用されていた成分になります。

1970年代後半にアメリカで血管拡張剤として開発され、高血圧症の治療薬として使用されていましたが、その副作用に「全身の多毛症(Hypertrichosis)」を頻繁に起こしてしまうことが分かり、頭皮に対しての外用薬として臨床試験が実施されました。

その結果、頭部の脱毛症に有効と言うことが明らかとなったのです。

現代ではミノキシジル配合の育毛剤や、ミノキシジルタブレットなどがAGA治療に使われていて、外用薬内用薬共に高い効果があることからほとんどのAGAクリニックで取り扱いがあります。

つまり、ミノキシジルは「医薬品成分としての発毛効果が認められている」と言うことです。

ミノキシジルは、正式に厚生労働省から発毛医薬品として認可されており、AGA(薄毛)改善の治療薬として幅広く使用されているのです。

ミノキシジルの効果について

ミノキシジルの効果は、発毛(育毛)になります。

具体的に言いますと、細胞分裂を活性化させて髪の毛を成長させる効果があると言うことです。

もう少し詳しく説明しますと、ミノキシジルは直接髪の毛の毛母細胞に働きかけ、毛母の細胞分裂を活性化させて、髪の毛の成長を早める働きをすると言うことです。

現在日本では、ノキシジルを配合した育毛剤「リアップX5」が大正製薬から発売されています。

リアップX5はミノキシジル含有量1%の育毛剤で、この数値はさまざまな臨床試験の結果最も日本人の体質に適していると言う数値になります。

ミノキシジルを1%配合した育毛剤を使用した実験をした結果、連続使用した場合で最低でも6ヶ月の期間を要すると言われております。

ちなみにですが、ミノキシジルを5%配合した育毛剤「ロゲイン」もありますが、ミノキシジルの濃度が高くなったとしても地道な継続使用が必要で濃度が高くなったからと言って即効性がある訳ではございませんのでご注意ください。

また、ミノキシジル外用薬が効果を発揮するのは「頭頂部」のみで、額の生え際の「前頭部」には効果は確認されておりませんのでこちらもご注意ください。

基本的に人間の髪の毛には「毛周期(ヘアサイクル)」があり「成長期→退行期→休止期」の様になっていて、2~6年の期間をかけて成長し、やがて退行期を迎えて成長が止まります。

そして休止期を迎えて仮眠の毛は抜け落ち、再び新しい髪の毛が生え成長期になります。

しかし、AGAの場合はこの毛周期が「DHT(ジヒドロテストステロン)」に狂わされるため、全うに成長することができなくなってしまうのです。

DHTは、男性ホルモンであるテストステロンが「5αリダクターゼ(還元酵素)」と結合することによって生成される強力な脱毛ホルモンのことです。

5αリダクターゼ(還元酵素)とは?DHT(ジヒドロテストステロン)を作る原因?

「AGA(男性型多毛症)」の原因である男性ホルモン「DHT(ジヒドロテストステロン)」はどのようにして生成されるか知っていますか? DHTは、男性ホルモンであるテストステロンが「5αリダクターゼ(還元 ...

続きを見る

DHT(ジヒドロテストステロン)とは?AGA(男性型脱毛症)の原因なの?

日本人男性の薄毛にお悩みの方のほとんどが「AGA(男性型脱毛症)」になります。 このAGAの原因は、男性ホルモンである「DHT(ジヒドロテストステロン)」なのです!DHTが髪の毛の成長の邪魔をして、毛 ...

続きを見る

このDHTが大量に生成されることで、AGAとなり見る見るうちに髪の毛が失われ薄毛になってしまうのです。

つまり、DHTさえ抑制することができれば脱毛を防止することができると言うことです。

そこで活躍してくれるのが5αリダクターゼの働きを阻害してくれる成分「フィナステリド」なのです。

フィナステリドを主成分としたプロペシアを継続して服用することで、5αリダクターゼの働きを阻害してくれますので脱毛ホルモンであるDHTが生成されなくなります。

その結果、AGAの進行を防ぐことが可能となるのです。

また、DHTが抑制されることで正常なヘアサイクルに戻りますので、髪の毛は太く長く成長することが可能となります。

しかし、フィナステリドはあくまでも脱毛を防止するための成分になりますので、発毛や育毛を促進させる効果のある成分ではありません。

そのため、発毛・育毛を促進させるためにミノキシジルが必要不可欠と言う訳なのです。

AGAクリニックでは、プロペシアとミノキシジルの併用を推奨していて、ほとんどのクリニックでは2種類の内服薬を処方しています(AGAの症状によってはプロペシアのみの場合もあります。)。

ミノキシジルとプロペシアの併用が最強!?

ミノキシジルは上記でも言いましたように「発毛成分」になります。

一方プロペシアはAGAの進行を食い止める治療薬になります。

AGAの改善と言う意味では、プロペシアを服用すれば薄毛の進行を食い止めることはできますが、失ってしまった髪の毛を取り戻すことはできません・・・

しかし、ミノキシジルの効果をもってすれば、発毛を促進させて髪の毛の成長を早めてくれるので、確実に、早く薄毛が改善されるようになります。

つまり、ミノキシジルとプロペシアの併用は最強と言うことですね。

これはAGA治療の専門医も言っていることで、よりAGAに効果的な方法は、ミノキシジルとプロペシアの併用処方になります。

AGA初期段階であれば、プロペシアの処方だけの場合もありますが、進行具合によってはプロペシアとミノキシジル配合の育毛剤、さらに進行している場合はプロペシアとミノキシジルタブレットの処方となります。

プロペシアでAGAの原因であるDHTを抑制し、ミノキシジルで発毛因子を刺激し、発毛を促し育毛を促進させることで薄毛が徐々に回復していくのです。

このように、双方の効果を同時に得ることで薄毛の悩みから解放されるのです。

プロペシアを服用しているけど一向にAGA(薄毛)が改善されないと言う場合は、ミノキシジルとの併用を検討してみると良いと思います。

ミノキシジルは女性の薄毛にも効果あり?

プロペシアは女性の方が触れることも許されない医薬品になりますが、ミノキシジルはそうでもありません。

ミノキシジルは、女性にも発毛効果が期待できる成分として育毛剤等に使用されています。

有名な商品で言えば、大正製薬から発売されている「リアップレディ」になります。

リアップレディは女性用に開発された発毛効果の高いミノキシジル配合の育毛剤になります。

数少ない女性用の育毛剤としては、発毛効果が認められている唯一の商品がリアップレディになります。

つまり、ミノキシジルは女性の薄毛にも効果があると言うことになります。

ただし、女性の方が男性用のリアップX5を使用したりすることは絶対にしないようにしてください!女性の方は女性用のミノキシジル商品を使用するようにしてください。

男性用と女性用とではミノキシジル濃度が異なりますので、想定外の副作用を引き起こしてしまう場合もありますので十分注意するようにしてください。

最強の育毛剤「ミノキシジルタブレット」が絶大な効果をもたらしてくれる!


ミノキシジルは、上記で外用薬の育毛剤「リアップX5」をご紹介しましたが、外用薬よりも圧倒的に効果が高いのが服用タイプの「ミノキシジルタブレット」になります。

そのため、ほとんどのAGAクリニックではフィナステリド(プロペシア)とミノキシジルタブレットの併用を推奨していて、AGA治療で処方される内服薬は基本的にこの2種類になります。

ちなみにですが、ミノキシジル外用薬は頭頂部にしか効果を発揮しませんが、ミノキシジルタブレットの場合は頭頂部にも前頭部にも発毛(育毛)効果を発揮してくれます。

つまり、AGA治療に最強のコンビはフィナステリド(プロペシア)とミノキシジルタブレットと言うことです。

ただし、同じAGAでも前頭部の薄毛の場合は、頭頂部の薄毛とは原因が異なりますので注意が必要になります。

そのため、ミノキシジルタブレットを服用しても思うように薄毛が改善しない場合もあるのです。

ミノキシジルタブレットを服用しても思うように薄毛が改善しない場合もある

どういう事かと言いますと、AGAの原因はDHTになりますが、このDHTを生成する5αリダクターゼは実は2種類あるのです。

5αリダクターゼには1型と2型が存在し、頭頂部に多いのが2型5αリダクターゼで、前頭部に多いのが1型5αリダクターゼになります。

そして、フィナステリドが効果を発揮するのは頭頂部に多い2型5αリダクターゼだけになります。

つまり、前頭部の脱毛はフィナステリドでは完璧に防止できないと言うことです。

そのため、同じAGAでも前頭部の薄毛は改善しにくいと言われているのです。

ですから、ミノキシジルタブレットを継続して服用しても、脱毛を防止できなければ劇的な薄毛改善には期待できないと言うことなのです。

しかし最近は、1型5αリダクターゼと2型5αリダクターゼの両方の働きを阻害しくれる成分「デュタステリド」が登場し、厚生労働省の認可を受け実際に日本国内でも発売されるようになったのです。

ですからAGAでも頭頂部だけが薄毛の方の場合は「フィナステリド+ミノキシジルタブレット」で、前頭部が薄毛、もしくは前頭部も頭頂部も両方が薄毛と言う場合は「デュタステリド+ミノキシジルタブレット」が最強のコンビと言うことになります。

いずれにしても、劇的にAGA(薄毛)を改善するためには、発毛を促進させてくれるミノキシジルタブレットは必要不可欠と言うことになります。

デュタステリドとは?その効果と副作用等の特徴について徹底解説

日本人男性の薄毛の原因と言えば「AGA(男性型脱毛症)」がほとんどで、その治療薬で有名なのが「プロペシア」になります。 プロペシアの有効成分である「フィナステリド」がAGAの原因である「DHT(ジヒド ...

続きを見る

フィナステリドとは?AGA治療に効果的なプロペシアと何が違うの?

薄毛にお悩みの方でしたら、AGAと言う言葉を一度は耳にしたことがあると思います。 このAGAとは「Androgenetic Alopecia」の略で、男性型脱毛症のことになります。 成人男性の薄毛にお ...

続きを見る

ミノキシジルタブレットは前頭部にも効果を発揮してくれる!

上記でも軽く触れましたが、ミノキシジルタブレットはAGAの中でも最も改善しにくいと言われている前頭部の薄毛にも効果を発揮してくれます。

つまり、額の生え際部分がハゲているいわゆるM字ハゲにも発毛効果があると言うことです。

ミノキシジルの外用薬であるリアップX5は、前頭部にそれほど効果を発揮しませんので諦めている方も多いと思いますが、服用タイプのミノキシジルタブレットでしたらM字ハゲ改善にも十分に期待できるのです。

ミノキシジルは毛母細胞を直接刺激し、髪の毛の発毛や育毛を促進させてくれます。

ミノキシジルタブレットは、体内で吸収され血液によって全身に運搬されますので、外用薬では効果を得にくい前頭部にもしっかりと有効成分が届きます。

そのため、生え際には効果を発揮しないと言う根拠がないのです。

要するにミノキシジルタブレットを服用することで額の生え際部分のハゲ対策も完璧にできると言うことです。

ミノキシジルタブレットは認可されていない!?

ミノキシジルタブレットは、絶大な発毛促進効果があります。

しかし、これだけ発毛効果があるにも関わらず「AGA治療薬として認可されていない」のが現状になります。

つまり、ミノキシジルタブレットは、あくまでも「高血圧症の治療薬」と言うことです。

そのため、原則として医師の処方のみでしか入手することができないのです。

ミノキシジルタブレットを入手するには?

ミノキシジルタブレット通称「ミノタブ」を入手する方法は2パターンあります。

  1. AGAクリニックで処方してもらう
  2. 個人輸入代行サイトで入手する

基本的にミノキシジルタブレットを手に入れる方法は上記の2つになります。

①AGAクリニックで処方してもらう

最も安全で安心できるミノキシジルタブレットの入手方法は「AGAクリニックで処方してもらう」と言う方法になります。

上記でも言いましたが、ミノキシジルタブレットはAGA治療薬として世界的に認可されていない薬で、基本的には高血圧症の治療薬になるため扱いが非常に難しくなります。

そのため、しっかりと専門医の診察を受けて、あなたの薄毛にはミノキシジルタブレットが必要だと言う医師の診断が必要になります。

そして初めて処方してもらえるのが基本的にミノキシジルタブレットの入手方法になります。

しかもAGAクリニックでは、しっかりと血液検査等を行い、あなたの薄毛の細かい原因まで徹底的に調べてから、あなたの症状に合った治療薬を処方してくれますのでAGA治療に対する安心感が全然違います。

その分どうしても料金が高くなってしまいますが「安心を買う」と言う意味では最もおすすめのAGA治療ではないでしょうか。

AGAクリニックのおすすめはどこ?確実な薄毛治療ができる病院をご紹介

薄毛に悩む日本人男性の大半が「AGA(男性型脱毛症)」になります。 このAGAは、巷で言う若ハゲの方から年配のハゲの方までのほとんどが該当します。 一昔前までは「若ハゲは遺伝が原因だから絶対に治らない ...

続きを見る

②個人輸入代行サイトで入手する

ミノキシジルタブレットの入手方法の2つ目は「個人輸入代行サイト」を利用するかたちになります。

ただし、海外医薬品になるため万が一の事があっても誰も保証してくれませんので、購入は自己責任でお願いします。

個人輸入代行サイトも複数ありますが、全国的に有名で比較的安心できると言えばやはりオオサカ堂ではないでしょうか。

ちなみにですが、オオサカ堂では海外正規品の医薬品を格安で販売していて、代行手数料も送料も全て無料になりますので意外と多くの方が利用しています。

特にプロペシアの価格は激安で、皮膚科や内科では最低でも10,000円はしますが、オオサカ堂でしたら半額以下の4,000円代での購入が可能となります。

オオサカ堂は設立20年以上になる個人輸入代行サイトの中でも老舗になりますので、信頼と実績があり多くの方が利用しています。

そのため、安全ではあると思いますがご利用の際は自己責任でお願いします。

オオサカ堂のAGA治療薬の売れ筋BEST5
①最も売れている育毛最強最安セット
>>フィナロイド100錠 + ミノキシジル10mg100錠

②プロペシアオーストラリア版
>>プロペシア(オーストラリア版)1mg

③プロペシアのジェネリック医薬品
>>[プロペシアジェネリック]フィナロイド(FinaLloyd)1mg

④プロペシアオーストラリア版のお共に
>>ミノキシジルタブレット(Noxidil)シートタイプ5mg

⑤育毛セット「フィンカー+ミノタブ」
>>フィンカー(Fincar)5mg100錠 + ミノキシジルタブレット(Noxidil) 10mg100錠

>>オオサカ堂のプロペシアは偽物?評判や口コミから信頼できるかチェックしてみました

ミノキシジルの副作用について

ミノキシジルがAGA治療において「発毛・育毛」に絶大な効果を発揮してくれると言うことは理解していただいたと思いますが、気になるのは「副作用」ではないでしょうか。

どれだけ高い発毛効果があっても副作用によって健康を害するようなことがあれば本末転倒ですよね。

ですから、ミノキシジルの服用を検討している方は、ミノキシジルタブレットを服用することによってどのような副作用が起こる可能性があるのかをしっかりと理解しておきましょう。

ミノキシジル含有の育毛剤を使用した場合に起こる可能性がある副作用について

ミノキシジルを含有した育毛剤を使用した場合に起こる副作用についてご紹介していきます。

ミノキシジルは外用薬であるリアップX5のような育毛剤であっても、それなりの発毛効果はありますが「痒み」等の副作用が起こる場合があります。

その原因としては以下のようなことが考えられます。

①血管が拡張されることによって痒みが発生する

ミノキシジルはもともと高血圧症の治療薬で「血管拡張作用」があります。

そのため、頭皮の血管が拡張され血流が促進されることで痒みを感じると言う場合があるのです。

血管が拡張されることによって、血流が良くなり、髪の毛に必要な栄養素が血液によって運搬されやすくなります。

その結果、発毛(育毛)が促進され髪の毛が成長しやすくなります。

②溶剤によるアレルギー反応で痒みが発生する

ミノキシジルは水に溶けにくい性質があり、育毛剤にミノキシジルを配合するために溶剤が使用されます。

具体的に言いますと、「アルコール・プロピレングリコール」等で、これらはアレルギー反応を誘発する物質でもあります。

そのため、中にはこの溶剤が肌質に合わずアレルギー反応を起こしてしまい痒みが発生してしまう場合もあるのです。

③ミノキシジル自体が肌と合っていないため痒みが発生する

基本的にミノキシジル自体にはアレルギー等による痒みを誘発する成分は含まれていませんが、人によっては肌に合わずにアレルギー反応を起こしてしまい痒みを発症してしまうケースも稀にあります。

このような場合はすぐに使用を中止し、専門医に相談するようにしてください。

ミノキシジル配合の育毛剤の使用を控えた方がいい人

ミノキシジルには血管拡張作用があるため、どうしても若干の痒みを感じてしまう場合があります。

しかし、ミノキシジル配合の育毛剤(リアップX5等)を塗布することによって、我慢できない痒みを発症してしまうと言う場合は使用をおすすめできません。

また、以下に該当する方の使用は控えることをおすすめします。

①もともと肌が弱く敏感肌の人

もともと肌が弱く敏感肌と言う人はミノキシジル配合の育毛剤の使用は控えた方が良いでしょう。

溶剤(アルコール・プロピレングリコール)によるアレルギー(拒否)反応を起こす可能性が高くなります。

②頭皮を爪でかきむしってしまう人

ミノキシジル配合の育毛剤を頭皮に塗布することによって痒みが生じる場合が多くなります。

ことときに我慢できずに頭皮をかきむしってしまう人は使用を中止するようにしてください。

最悪の場合頭皮に傷が付き炎症を起こしてしまうケースもありますので、我慢できないと言う方は使用を中止するようにしてください。

③用法用量をを守れない人

ミノキシジル配合の育毛剤には正しい使い方があります。

大量に頭皮に塗布したからと言って発毛効果が高くなると言うものではありませんので、きちんと取扱説明書を読み用法用量を守れる人以外は使用しないようにしてください。

ミノキシジルタブレットを服用した際に起こる可能性がある副作用について

ミノキシジルを配合した育毛剤の副作用としては痒みが出ると言うことでしたが、ミノキシジルタブレットを服用した場合に出る副作用はどのようなものがあるのでしょうか。

思い出してほしいのですが、ミノキシジルはもともと高血圧症の治療薬で、その副作用として「全身の多毛症(Hypertrichosis)」を頻繁に起こしてしまうと言うことでした。

そうです、ミノキシジルタブレットの副作用は体毛が濃くなると言うことなのです。

つまり、ミノキシジルタブレットを飲むことによって髪の毛も増えるけど、頭髪以外の全身の体毛も同時に濃くなってしまうと言うことです。

なぜなら、ミノキシジルを患部(ハゲてる部分)に塗るのではなく、経口摂取によって有効成分が血液によって全身に運搬されるからになります。

全身の体毛がどの程度濃くなるのかは、体質によって異なりますので一概には言えませんが、濃くなる人は相当濃くなると言う報告がされています。

また、この体毛が濃くなると言う副作用は、例外なくミノキシジルタブレットを服用した場合は必ず体毛が濃くなりますので理解しておくようにしてください。

究極の選択とも言える「ハゲるか全身の体毛が濃くなるか」のいずれかを選択しなければならないことになりますが、男性の場合は全身の体毛が少々濃くなっても全く問題ありませんよね。

ミノキシジルタブレットを服用して体毛が濃くなるけどハゲが治るなら飲んでみる価値は十分にあると思います。

ミノキシジルタブレットのその他の副作用について

ミノキシジルタブレットの最大の副作用は全身の多毛症になりますが、他にも以下の様な副作用を引き起こしてしまう可能性があります。

  • 動悸
  • めまい
  • 倦怠感

ミノキシジルタブレットの副作用に全身の多毛症以外にも上記のようなものがあります。

ただし、AGA治療の発毛(育毛)目的で使用する場合は基本的に5mgのミノキシジルタブレットになりますので、上記のような副作用は比較的起こりにくいと言えます。

ミノキシジルタブレットは、基本的に高血圧の方が血圧を下げるために服用する薬で、目的が高血圧症の治療の場合は10~40mgのミノキシジルタブレットを服用しますので、この場合は上記のような副作用が起こりやすくなります。

ミノキシジルタブレットを服用してこのような副作用が出るか出ないかは、やはり体質の問題もありますので一概には言えませんが、40mgのミノキシジルタブレットを服用しても何も起こらない人が居るのも事実ではあります。

ミノキシジルタブレットには上記のような副作用が起こる場合があります。しかし、ご覧いただいた通りそこまで重大な副作用ではないと言うことなので深刻に考える必要はないと思います。しかし、体毛が濃くなることはほぼ確実になりますので「ハゲるか全身の体毛が濃くなるか」の選択は自己責任でお願いします。どうしても心配と言う方は一度AGAクリニックに相談するようにしてください。
>>AGAクリニックのおすすめをチェック

ミノキシジルタブレットを飲んではいけない人

ミノキシジルタブレットは発毛効果が高くAGA治療に最適な薬ですが、ミノキシジルタブレットを飲んではいけない人も居ますので以下の内容に心当たりがある方はご注意ください。

高血圧症で降圧剤を服用している人

もともと高血圧症の人で、降圧剤(血圧を下げる薬)を服用しているとい場合は、ミノキシジルタブレットを飲んではいけませんのでご注意ください。

なぜなら、、ミノキシジルタブレットも高血圧症の治療薬になるため、服用している降圧剤とミノキシジルタブレットで二重に血圧を下げてしまうからになります。

心当たりがある方は、必ずAGAクリニックで専門の医師に相談するようにしてください。

もともと低血圧の人

もともと低血圧の人もミノキシジルタブレットを飲んではいけませんので注意が必要になります。

なぜなら、もともと低血圧なのにミノキシジルタブレットを飲むことによってさらに血圧が下がってしまい、危険な状態になる可能性が非常に高くなるからです。

もし低血圧の方で、AGA(薄毛)を改善する目的でミノキシジルタブレットを服用したいと言う場合は、AGAクリニックで専門医に相談するようにしてください。

ついつい服用量を増やしてしまう人

ミノキシジルタブレットがどれだけ発毛効果に優れていると言っても、ミノキシジルは即効性のある成分ではないためすぐに効果は表れません。

早く髪の毛を増やして薄毛を改善したいと言う気持ちはよく分かりますが、むやみやたらに服用量を増やしたところで早く髪の毛が生えるわけではありません。

また、ミノキシジルタブレットの量を増やすことで、副作用のリスクも高くなりますのでご注意ください。

5mgでも十分に効果を発揮しますので、ミノキシジルタブレットを飲むならまずは5mgで3~6ヶ月間継続して飲んでみてください。

服用量よりも継続が重要になりますので、半年を目標に服用することをおすすめします。

ミノキシジルタブレットの量を増やすかどうかの判断は自分でするのではなく、AGAクリニックの専門医に相談するようにしてください。

上記に心当たりがある方はミノキシジルタブレットの服用を控える必要があります。また、お酒と一緒にミノキシジルタブレットを服用することも絶対にしてはいけませんので十分注意するようにしてください。アルコールも血管拡張作用があることから、ミノタブと一緒に服用することで危険な状態になる可能性がありますので、万が一お酒を飲んでしまった場合はお酒が抜けるまでミノタブは服用しないようにしてください。

AGA治療の基本はプロペシアとミノキシジルの併用

AGA治療と言えば、「プロペシアの内服療法」が一般的に認識されていますが、実はプロペシアだけでは改善しない場合があります。

なぜなら、プロペシアは脱毛ホルモンであるDHTの生成を抑制し脱毛を防止するための治療薬であり、発毛を促進させる効果には期待できないからになります。

もちろんプロペシアの服用だけで薄毛が改善したと言う方も居ますが、このようなケースは早期治療をはじめた方で、もともとハゲではなく若干の薄毛だった場合になります。

完全にハゲてしまっている場合は、プロペシアでDHTを抑制してもすでにハゲてしまっているためあまり意味がありません。

つまり、プロペシアはあくまでも「現状維持」と言うかたちの薬であると言うことになります。

現状細く弱々しくなっている髪の毛でも残っているのなら、DHT生成を抑制し、太く長い健康な髪の毛に成長させることは可能ではありますが、髪の毛が残っていない状態だとプロペシアだけで完全復活することは難しいと言えます。

ちなみにですが、AGAクリニックではなく皮膚科に相談した場合は基本的にプロペシアの処方しか行いません。

一方AGAクリニックに相談した場合はプロペシアとミノキシジルの両方の処方を行います(状況によります)。

これは、プロペシアでAGAの原因であるDHTを抑制することと、ミノキシジルで発毛を促進させることが目的になるからです。

だからAGAクリニックに通院しているほとんどの方が早い段階で薄毛を克服しているのです。

つまり、プロペシアにはプロペシアの役割があり、ミノキシジルにはミノキシジルの役割があると言うことです。

以上のことから、プロペシアとミノキシジルの併用がAGA治療の基本中の基本になると言うことが分かります。

プロペシアの特徴と役割について

改めてAGA治療薬であるプロペシアの特徴と役割について解説しておきたいと思います。

AGAと言われる男性型脱毛症がなぜ起こってしまうのかと言いますと、「男性ホルモンであるTH(テストステロン)が5αリダクターゼと結合することによってDHT(ジヒドロテストステロン)が生成され、DHTが毛乳頭細胞にある男性ホルモン受容体(レセプター)と結合することでヘアサイクルが乱れ脱毛が起こる」と言うことになります。

以上のことからAGAの原因を作っているのはDHTと言うことが分かりますね。

そしてこのDHTを生成しているのが男性ホルモンであるテストステロンをジヒドロテストステロンに変換させてしまう5αリダクターゼになります。

つまり、5αリダクターゼの働きを阻害することができれば、脱毛を防止することができると言うことになります。

その役割を担ってくれるのが、プロペシア(フィナステリド)なのです。

プロペシアの主成分であるフィナステリドは、5αリダクターゼの働きを阻害してくれますので、DHTの生成を抑制させることができます。

プロペシアはDHTを減らし、毛根を守ってくれる薬になりますのであくまでも現状維持のための治療薬と言うことになります。

そのため、プロペシアを服用することで今以上に髪の毛が減ることはないのです。

また、薄毛の症状が軽い場合はプロペシアを服用すれば薄毛が復活する場合もあります。

これがプロペシアの特徴と役割になります。

フィナステリドとは?AGA治療に効果的なプロペシアと何が違うの?

薄毛にお悩みの方でしたら、AGAと言う言葉を一度は耳にしたことがあると思います。 このAGAとは「Androgenetic Alopecia」の略で、男性型脱毛症のことになります。 成人男性の薄毛にお ...

続きを見る

ミノキシジルの特徴と役割について

ミノキシジルは、プロペシアとは逆に「発毛効果」のあるAGA治療薬になります。

ミノキシジルは、皮膚科や内科で処方されることがないためその存在自体を知らないと言う方の方が多いと思います。

ミノキシジルと一口に言っても、服用タイプのミノキシジルタブレットと、外用タイプの育毛剤があります。

主にAGAクリニックで処方されるのは服用タイプのミノキシジルタブレットで通称「ミノタブ」になります。

ミノキシジルは、もともとは高血圧の治療薬として開発された医薬品なのですが、服用した患者に「全身の多毛症」と言う副作用が見られたため育毛剤としての研究が進み、AGA治療に利用されるようになりました。

それを外用の育毛剤として開発されたのが大正製薬から販売されている「リアップX5」なのです。

他にもロゲインなども有名ですが、人気はテレビCMでお馴染みで安心感のあるリアップX5になります。

ミノキシジルの特徴は、血管を拡張させ毛根への血流を改善させることで髪の毛の成長に必要な栄養素を届きやすくすることになります。

血行不良は薄毛の原因の一つになります。

また、ミノキシジルはただ血管を拡張させるだけではなく、ミノキシジル特有の発毛を促進させる効果がありますので、その他の高血圧治療薬とは訳が違います(ミノキシジル以外の高血圧治療薬全てに発毛効果はありません)。

実際の研究でミノキシジルは毛乳頭細胞に直接作用し、発毛に必要な成長因子を分泌させることで髪の毛の成長を促進させることが明らかとなっています。

つまり、ミノキシジルは脱毛を防止する守りのプロペシアとは全く逆の効果を発揮する薬で、攻めの薬と言うことになります。

ちなみにですが、ミノキシジルは内服薬(ミノキシジルタブレット)と外用薬(育毛剤)とがあると言いましたが、発毛効果育毛効果共に効果が高いのは服用タイプのミノキシジルタブレットになります。

リアップX5などの育毛剤タイプのミノキシジルは効果が弱い分副作用の心配は少なくなりますが、リアップX5では効果がない場合もあります。

育毛剤だと薄毛の状態によっては物足りない場合もありますが、薬ばかり飲みたくないと言う方や、副作用を気にされる方はまずはリアップX5のような育毛剤タイプとの併用から試してみると良いと思います。

プロペシアとミノキシジルを併用した方が良い3つの理由

それではプロペシアとミノキシジルを併用した方が良い3つの理由をご紹介していきたいと思います。

理由①プロペシアだけでは髪の毛は生えないから併用が良い!

上記で説明した通り、プロペシアは発毛を促進させる効果のある治療薬ではなく、脱毛を防止する役割の治療薬になります。

そのため、プロペシアに発毛効果は期待できないと言うことです。

プロペシアを服用することで弱っている髪の毛が、健康な状態となり太く長く成長をはじめますので、多くの方はプロペシアを飲むと髪の毛が生えると勘違いしていますが、実際はプロペシアに発毛効果はありません。

初の服用タイプの育毛剤ということで注目されましたので「プロペシア=発毛(育毛)効果」と思われている方が多いと思いますが、期待して服用するとガッカリしてしまう場合がほとんどです。

ちなみにですが、プロペシアの発毛率はほんの数%しかありません。

臨床試験で全体の約6割の方がプロペシアで薄毛が改善したというデータがありますが、これは軽度改善や中程度改善のケースも含まれています。

つまり、プロペシアの服用で劇的に髪の毛が増えた人ばかりではなく、ちょっとだけ髪の毛が増えた場合でも一括りにして「改善」としているのです。

このような発表があると、多くの方の薄毛が改善したかのように受け取ってしまうと思いますが、実際はそうではなく劇的に改善した人はほんの数%になります。

そのため、AGA治療をはじめるならプロペシアで抜け毛を防止しながら発毛効果の高いミノキシジルを併用した方が良いのです。

理由②ミノキシジルだけでは脱毛を防げないから併用が良い!

プロペシアは脱毛を防止する役割で、ミノキシジルは発毛を促進させる役割と言うことは理解していただいていると思います。

ミノキシジルは服用タイプの方が効果は高いのですが、外用タイプの育毛剤でもプロペシアよりも圧倒的に発毛効果が高くなります。

そのため「ミノキシジルだけでも十分髪の毛が生えるんじゃないの」と考える人が居ます。

少しでも治療費を安く抑えたいという理由から、上記のような考えに至るケースが多いのですが、ミノキシジルは発毛効果はあるけど脱毛を防止する効果がないと言うことを忘れないでください。

そもそもAGA(薄毛)の原因は、ヘアサイクルを乱してしまうDHTにあります。

つまり、このDHTを抑制しない限り髪の毛はなくなるまで抜け続けると言うことです。

しかもミノキシジルではこのDHTの生成を抑制することはできません。

ですから、ミノキシジルで髪の毛の成長を促しても、結局後ろからDHTがやってきて髪の毛を抜け落ちさせてしまうのです。

そのため、AGA治療をはじめるならプロペシアで抜け毛を防止しながら発毛効果の高いミノキシジルを併用して発毛を促した方が良いのです。

理由③プロペシアとフィナステリドの併用でお互いの欠点を補えるから!

プロペシアは脱毛を防いでくれますが発毛を促す効果がありません。

ミノキシジルは発毛を促進させるけど脱毛を防ぐ効果はありません。

お互いに欠点がある治療薬ではありますが、それぞれを併用することでお互いの欠点を補うことが可能となります。

また、それぞれの役割を効率よく発揮できるようになりますので、AGA治療においてプロペシアとミノキシジルの併用は基本中の基本であり最強と言えるのです。

そのため、AGA治療をはじめるならプロペシアで抜け毛を防止しながら発毛効果の高いミノキシジルを併用した方が良いのです。

以上3つがプロペシアとミノキシジルを併用した方が良い理由になります。お互いの欠点を補いながらそれぞれの役割を全うできるため、AGA改善までの道のりが最短になります。一刻も早く薄毛を改善したいと言う方は、このプロペシアとミノキシジルを併用した方が良いでしょう。
AGA改善最強セットを格安で入手する方法!薄毛を1円でも安く治したい方必見!

AGA(薄毛)でお悩みの方のお気持ちは、管理人の私も少し前までは薄毛で悩んでいましたのでよく分かります。 私の場合は早期に治療を開始しましたのでプロペシアと育毛剤でケアすることで約半年で薄毛を克服する ...

続きを見る

薄毛予防の場合はプロペシア単独でOK

今現在薄毛ではないけど、将来的にハゲたくないと言う方は予防目的でプロペシアの服用をしましょう。

プロペシアの主成分であるフィナステリドは、AGAの原因であるDHTを生成してしまう5αリダクターゼの働きを阻害してくれる効果があります。

つまり、薄毛の進行を食い止める効果に関してはプロペシアは最強と言うことです。

そのため今現在は薄毛ではないけど、

  • 親族に薄毛の人が居る(特に母方の祖父に注意)
  • 最近抜け毛が増えてきた(シャンプー時に髪が抜ける)
  • 最近と薄くなってきた気がする

このような状況の方は、薄毛予防のためにプロペシアを単体で服用してみても良いと思います。

ハゲてからでは手遅れになる場合もありますので、ハゲる前に手を打つ人も少なくありません。

ただし、既にある程度薄毛になっているケースで、AGAが進行している場合はプロペシア単体では物足りない場合もありますので、ミノキシジルを併用した方が良いでしょう。

自分の頭部の状態をチェックしても自分で判断できないと言う場合は、AGAクリニックの無料カウンセリングなどを活用して相談してみるのもおすすめです。

AGAクリニックのおすすめはどこ?確実な薄毛治療ができる病院をご紹介

薄毛に悩む日本人男性の大半が「AGA(男性型脱毛症)」になります。 このAGAは、巷で言う若ハゲの方から年配のハゲの方までのほとんどが該当します。 一昔前までは「若ハゲは遺伝が原因だから絶対に治らない ...

続きを見る

プロペシアとミノキシジルの併用でAGAが改善しない場合の対処法

プロペシアとミノキシジルを併用しているにも関わらずAGAが一向に改善しないと言う場合は正直焦りますよね・・・

このような場合に考えられることは「栄養不足」もしくは「睡眠不足」になります。

まず、プロペシアは脱毛防止効果、ミノキシジルは血管拡張で血流改善になりますが、抜け毛を防ぎ血流を改善したところで髪の毛の成長に必要な栄養素が不足していると期待通りに髪の毛が成長しない場合もあります。

そのため、髪の毛の成長に必要な栄養素をしっかりと摂り入れる必要があるのです。

それから睡眠不足の場合も髪の毛の成長に悪影響を及ぼしますので要注意です。

なぜなら、髪の毛は寝ている間に成長しているからになります。

睡眠不足の状態だと、どれだけ効果のある薬を飲んでいたとしても効果を最大限発揮できない場合があるのです。

プロペシアとミノキシジルを併用しているにも関わらず思うように改善しないと言う場合は、髪の毛の成長に必要な栄養素と睡眠時間をしっかりとるようにしてみてください。

それでも薄毛が改善しない場合は、プロペシアがきかない体質のかのうせいがありますので、以下の記事を参考にしてみてください。

プロペシアが効かない人には理由がある!なぜ薄毛が治らないのか徹底解説

AGAを改善するためにプロペシアの服用を始めたのはいいものの、待てど暮らせど全くプロペシアが効かないと言う人も少なくはありません。 プロペシアは「AGA(男性型脱毛症)」の治療薬で、脱毛防止効果のある ...

続きを見る

ミノキシジルタブレットを服用するならAGAクリニックに相談!

フィナステリド(プロペシア)やデュタステリド(ザガーロ)を服用しているにも関わらず、一向にAGAが改善しない、薄毛が治らないと言う方も少なくはありません。

なぜなら、フィナステリドもデュタステリドも脱毛を防止するための成分で、発毛や育毛を促進させる効果には期待できないからになります。

そのため、劇的な薄毛改善を求めるならば上記で紹介しましたミノキシジルの力が必要不可欠となるのです。

特にミノキシジルタブレットの発毛効果は絶大で、リアップX5などの育毛剤と比較しても圧倒的な発毛効果があります。

しかし、ミノキシジルタブレットはもともと高血圧症の治療薬であると言うことと、服用量によっては副作用のリスクが高まってしまいますので、まずは専門医の判断を得ることが安全に服用するための秘訣になります。

ミノキシジルタブレットに発毛効果があることは世界的にも認められていますが、AGA治療薬としては全世界で認可されていませんので専門医の判断が重要になります。

そのため、ミノキシジルタブレットの服用を検討していると言う方は、まずはAGAクリニックに相談するようにしてください。

AGAクリニックのおすすめはどこ?確実な薄毛治療ができる病院をご紹介

薄毛に悩む日本人男性の大半が「AGA(男性型脱毛症)」になります。 このAGAは、巷で言う若ハゲの方から年配のハゲの方までのほとんどが該当します。 一昔前までは「若ハゲは遺伝が原因だから絶対に治らない ...

続きを見る

まとめ

以上のようにミノキシジルは非常に発毛(育毛)効果の高い成分で、AGA治療には欠かせないものとなります。

しかし、皮膚科や内科ではミノキシジルタブレットの処方は一切ないのでその存在を知らない人が多いのも事実になります。

AGAクリニックの無料カウンセリングを受けるとミノキシジルがAGA治療にどれほど重要な役割を担っているのかと言うことがよく分かると思います。

もし、皮膚科や内科を受診してプロペシアやザガーロを処方してもらい飲んでいるけどそれほど薄毛が改善していないと言うことでしたら、一度AGAクリニックの無料カウンセリングを受けることをおすすめします。

AGA治療は早ければ早い方が改善する確率が上がりますし、時間も短縮されますのでどうしても薄毛を治したいと言うことでしたら早めに相談するようにしてください。

【永久保存版】オオサカ堂で安く買えるAGA治療薬と「育毛最強セット」まとめ

【Bookmark推奨】 当ページでは、個人輸入代行サイトの「オオサカ堂」でどこよりも安く買えるAGA治療薬をご紹介しています。 AGA治療薬と言えば「プロペシア」が代表的ですが、プロペシアはあくまで ...

続きを見る

プロペシアの副作用や服用する前に知っておきたい知識

最近頭頂部が薄くなってきたと感じる、額の生え際部分が後退してきた、このような症状を感じている方は「AGA(男性型脱毛症)」の疑いがあります。 AGAの治療薬と言えば「プロペシア」が有名ですね! 薄毛に ...

続きを見る







-AGA(男性型脱毛症), プロペシアに関するコラム, 薄毛対策
-, , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© 本当にあった怖いプロペシアの副作用 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.