プロペシアの副作用が心配な方へ!正しい知識を身につけて安全に服用し薄毛を改善しましょう。

本当にあった怖いプロペシアの副作用




AGA(男性型脱毛症)

DHT(ジヒドロテストステロン)とは?AGA(男性型脱毛症)の原因なの?

投稿日:2017年6月23日 更新日:

日本人男性の薄毛にお悩みの方のほとんどが「AGA(男性型脱毛症)」になります。

このAGAの原因は、男性ホルモンである「DHT(ジヒドロテストステロン)」なのです!DHTが髪の毛の成長の邪魔をして、毛周期(ヘアサイクル)が狂ってしまい抜け毛が増えたり髪の毛が成長しなくなったりしてしまいます・・・

その結果頭頂部が薄くなったり、前頭部が後退してきたリして薄毛になってしまうのです。

つまり、あなたの薄毛の原因は男性ホルモンDHTと言うことです!

そこで今回は、AGAを改善するためにもDHT(ジヒドロテストステロン)についてや、DHTを抑制する方法について解説していきたいと思いますので参考にしてみてください。




DHT(ジヒドロテストステロン)とは?

ジヒドロテストステロンとは、男性ホルモンであるテストステロンが「5αリダクターゼ(還元酵素)」と結合することによってより強力な男性ホルモンへと返還された男性ホルモンになります。

このDHTが毛乳頭細胞に入り込み男性ホルモン受容体(レセプター)と結合してしまうと、毛乳頭での細胞分裂が行われなくなり髪の毛が成長しなくなってしまうのです。

すると毛周期が乱れ始めて、本来太く長く育つはずの髪の毛が育たなくなり、細く短い髪の毛になり毛周期を全うすることなく抜け落ちてしまうことになるのです・・・

その結果薄毛になってしまうと言う訳です。

5αリダクターゼ(還元酵素)につきましては以下の記事で解説していますので参考にしてみてください。

5αリダクターゼ(還元酵素)とは?DHT(ジヒドロテストステロン)を作る原因?

「AGA(男性型多毛症)」の原因である男性ホルモン「DHT(ジヒドロテストステロン)」はどのようにして生成されるか知っていますか? DHTは、男性ホルモンであるテストステロンが「5αリダクターゼ(還元 ...

続きを見る

DHT(ジヒドロテストステロン)の役割について

DHTさえ生成されなければ薄毛になることはありません!

ではDHTは不要なの?と言うとそうでもありません。

DHTにはとても重要な役割があるのです。

DHTの役割は、胎児期と思春期以降で違い、胎児期は「男性胎児の性器の正常化」の為にとても重要な役割を果たしてくれます。

この時にDHTが不足してしまうと男性器が上手く発達(成長)できなくなりますので男性胎児の発育においてはとても重要な男性ホルモンなのです。

一方思春期以降になると「AGA(薄毛)・前立腺肥大・体毛増加・ニキビ」等の男性の悩みの種となる症状を引き起こす厄介なホルモンへと変化してしまうのです。

なぜDHT(ジヒドロテストステロン)は増えるの?

DHTさえ増えなければAGAになることはありませんが、なぜDHTは増えてしまうのでしょうか?

巷ではテストステロンの量が増えるとDHTが増えるので、筋トレ等のテストステロンが増えるような行動を控えるように噂されていますが、注目すべきはテストステロンの量ではなく5αリダクターゼの分泌量になります。

そもそもテストステロンの量は大きな個人差はありません!しかし、遺伝によって5αリダクターゼの分泌量には大きな差ができてしまうのです。

つまり、5αリダクターゼの分泌量が多ければ多いほど、テストステロンがDHTへと変換される量が増えてしまうと言うことになります。

それから、5αリダクターゼには1型と2型があり、2型5αリダクターゼの方がテストステロンをDHTへと変換させてしまう傾向が強いと言われています。

ですから、DHTの量を減らすには2型5αリダクターゼの分泌を抑制する必要があるのです。

DHTの分泌量は遺伝が影響している?

DHTの分泌量は、5αリダクターゼの分泌量に比例します!

5αリダクターゼの活性を持つ遺伝子は「優性遺伝子」になりますので、父親もしくは母親のどちらか一方でも5αリダクターゼの活性を持っていると子供にも遺伝していくのです。

つまり、DHTの分泌量は5αリダクターゼの分泌量によって決まると言うことです。

DHT(ジヒドロテストステロン)を抑制する方法

AGAを改善するにはDHTを抑制するしか方法はありません!

DHTの生成を抑制することで、髪の毛の毛周期は正常化されますので以前までのように髪の毛は太く長く成長をし始めます。

しかし、DHTはどのようにすれば抑制することができるのでしょうか?

DHTを抑制するにはプロペシアが最適!

DHTの生成を抑制する方法の一つに「プロペシア」の服用があります。

プロペシアとはAGA(男性型脱毛症)の治療薬の一つで、主成分が「フィナステリド」と言う成分で、テストステロンをDHTに変換させてしまう5αリダクターゼの働きを阻害する作用があります。

つまり、DHTを抑制するには5αリダクターゼの働きを阻害する必要があると言うことになります。

その役割を果たしてくれるのがプロペシアと言う訳です。

プロペシアは皮膚科もしくはAGA治療専門のクリニックで処方してもらうことが可能になります。

一般的な皮膚科でプロペシアを処方してもらう場合の相場は「診察代込みで10,000円前後」になります。

そうです、そこそこ高いのです・・・

しかも、自由診療になりますので健康保険適用外となりまともに10,000円のお支払いが必要になります。

一般的なサラリーマンのお小遣いは約30,000円程だと思いますが、この内10,000円もAGA治療薬で消えてしまうとなると正直厳しいと思います・・・

そして多くの人は「個人輸入代行サイト」でプロペシアを購入します。

なぜ、個人輸入代行サイトでプロペシアを購入するのかと言いますと、安いからになります。

しかし、個人輸入代行サイトで販売しているプロペシアには「偽造医薬品」がありますので注意が必要になります。

偽造医薬品とは、プロペシアに似せて製造している薬のことで、正規品のプロペシアには配合されていないような成分などを配合して製造している医薬品になります。

もちろん許可なく製造している医薬品になりますので、違法行為になります。

そして、正規品とは異なる成分を配合しているため想定外の副作用を引き起こしてしまったり、最悪の場合死に至るケースもあります。

以下の記事でプロペシアの偽造医薬品について解説していますので興味のある方は参考にしてみてください。

プロペシアの偽造医薬品に要注意!個人輸入代行サイトの通販で購入する偽物とその危険性について

AGA(男性型脱毛症)の治療薬として有名な「プロペシア」ですが、偽物が出回っているって知っていますか? いわゆる「偽造医薬品」と言うやつで、本来のプロペシアの効果を発揮しない薬になります・・・ プロペ ...

続きを見る

少し話が反れてしまいましたが、プロペシアを購入する場合は皮膚科もしくはAGA専門クリニックで処方してもらうようにしましょう。

もし少しでも安い価格でプロペシアを購入したいのでしたら、「AGAスキンクリニック」に相談すると良いでしょう。

AGAスキンクリニックは全国に47医院展開しているAGA治療専門のクリニックで、プロペシアの処方を4,200円から行っています。

しかもジェネリック医薬品の場合でしたら3,400円からの処方になりますので、個人輸入代行サイトでプロペシアを購入するよりも安く買うことができます。

もちろん国内正規品のAGA治療薬のプロペシアになりますので安心して服用していただくことが可能となります。

AGAスキンクリニックでは一人一人の予算や症状に合わせてAGA治療を行ってくれますので、薄毛にお悩みの方はまずは相談だけでもしてみることをおすすめします。

>>AGAスキンクリニックの無料カウンセリングで相談してみる

AGAスキンクリニックは全国に47医院展開していますが、私のようにど田舎に住んでいる場合は通うことが困難な場合もあります。

そのような場合残念ながら私のように近所の皮膚科を受診し、10,000円でプロペシアを処方してもらうしか方法はありません。

間違っても個人輸入代行サイトでプロペシアを購入しようと言う考えだけは起こさないようにしてください。

DHTを食べ物で抑制する場合

DHTを食べ物で抑制することも可能となります。

ただし、効果はプロペシアよりも圧倒的に低くなりますので、DHTの分泌量が多い場合は全然追いつきませんのご注意ください。

AGAの症状が軽い場合は食生活の改善やDHTを抑制する食べ物を取り入れるだけで改善される事もあります。

ちなみにですが、DHTを抑制すると言うことは5αリダクターゼの働きを阻害すると言うことになりますので、厳密にいうと5αリダクターゼの分泌量を抑える食べ物が必要になってきます。

5αリダクターゼの分泌量を減らす効果の高い食べ物は「大豆イソフラボン・亜鉛・ノコギリヤシ」等になります。

これらの食材に関して詳しくは、5αリダクターゼの記事にまとめていますので食生活で改善したいと言う方はチェックしてみてください。

DHTを抑制する生活方法

毎日の生活を少し改善してあげることでDHTを抑制することが可能となります。

適度な運動で汗をかく

ウォーキングやジョギングなどの運動をすることで汗をかきますね!

汗をかくことでDHTを汗と一緒に体外へ排出することが可能となります。

しかも、運動をすることで血行促進にも繋がり血流が良くなりますので育毛効果も高くなります。

水分を多めに摂る

DHTを抑制するには水分を多めに摂りましょう。

水分を多めに摂ることで尿を排出する頻度が増えると思いますが、尿と一緒にDHTを排出することが可能となります。

ですから利尿作用のあ高い緑茶、珈琲、紅茶等の飲み物を飲むのも効果的になりますが、注意すべき点は緑茶の飲み過ぎはテストステロンを減らしてしまうことになりますので、緑茶だけを過剰に飲むのはやめておきましょう。

亜鉛の消費に注意することも重要!

亜鉛の消費にも十分ご注意ください!亜鉛はただでさえ不足しがちな栄養素になりますので以下の点に注意してください。

「喫煙・飲酒・ストレス」は、亜鉛を極端に消費してしまう行動になります!亜鉛不足に陥ると髪の毛の生成がされなくなります・・・

亜鉛は体内で分解されたアミノ酸を髪の毛の材料である「ケラチン」に再合成させる時に必須となる栄養素なのです。

亜鉛が不足してしまうとケラチンが生成されなくなり髪の毛が成長しなくなってしまいますので要注意なのです。

ですから薄毛でお悩みの方は喫煙、飲酒、ストレスには十分注意するようにしてください。

まとめ

DHT(ジヒドロテストステロン)はAGA(男性型脱毛症)の原因であることは分かっていただけたと思います。

しかし、DHTはテストステロンが5αリダクターゼと結合しなければ生成されない男性ホルモンになりますので、AGAを改善するには5αリダクターゼの分泌を抑制すればいいのです。

5αリダクターゼの働きを阻害することでDHTは生成されませんので、AGAを防ぐことができますし、AGAの進行を食い止めることも可能となるのです。

5αリダクターゼの働きを阻害する方法は、上記でも言いましたようにプロペシアを服用するのか食生活を改善するのかのいずれかになります。

AGAの進行具合で判断してみると良いと思いますが、自分では判断は難しいと思います。

ですから、まずは専門家に相談することをおすすめします。

AGAスキンクリニックでは全国47医院の全てで無料カウンセリングを行っていますので、薄毛が気になりはじめた方は一度相談だけでもしてみることをおすすめします。

>>AGAスキンクリニックで無料カウンセリングの予約をとる

プロペシアの副作用や服用する前に知っておきたい知識

最近頭頂部が薄くなってきたと感じる、額の生え際部分が後退してきた、このような症状を感じている方は「AGA(男性型脱毛症)」の疑いがあります。 AGAの治療薬と言えば「プロペシア」が有名ですね! 薄毛に ...

続きを見る







-AGA(男性型脱毛症)
-, , , , ,

Copyright© 本当にあった怖いプロペシアの副作用 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.