プロペシアの副作用が心配な方へ!正しい知識を身につけて安全に服用し薄毛を改善しましょう。

本当にあった怖いプロペシアの副作用

AGA(男性型脱毛症)

AGA(男性型脱毛症)とは?薄毛に悩む日本人男性に最も多い脱毛症

投稿日:2017年6月30日 更新日:

薄毛に悩む日本人男性のほとんどが「AGA」になります。

AGAとは、男性ホルモンが影響して起こる脱毛症のことで、「壮年性脱毛症」とも呼ばれています。

AGAは「Androgenetic Alopecia」の略語で、「男性型脱毛症」と言う意味になります。

基本的に成人男性によくみられる薄毛のことで、思春期以降に「頭頂部」「額の生え際」、もしくは両方の髪の毛が極端に薄くなってしまう症状になります。

AGAは遺伝性が強い脱毛症ではありますが、親がハゲているから自分もハゲるのかと言うとそうでもないのです。

例え親族に薄毛の方が多かったとしても、しっかりと対策さえしていれば自分だけはハゲから免れることも可能となります。

今回は多くの男性が悩んでいる薄毛、AGAについて解説していきたいと思います。

AGAの原因はもちろんAGAのメカニズムや対策方法、改善方法等について調べましたので順番にご紹介していきます。




AGA(男性型脱毛症)の原因はなに?薄毛になるメカニズム

AGAが引き起こされる原因はさまざまですが、AGAが発症し薄毛を進行させている原因は誰もが同じになります。

その原因とは、強力な脱毛ホルモンである「DHT(ジヒドロテストステロン)」になります。

DHTとは、男性ホルモンであるテストステロンが「5αリダクターゼ(還元酵素)」と結合することによって返還される強力な男性ホルモンになります。

そしてDHTが、毛乳頭細胞にある男性ホルモン受容体(レセプター)と結合することで、髪の毛の成長を抑制し毛周期が狂うことで薄毛が進行してしまうのです。

徐々に抜け毛が増え、髪の毛が生えても成長しきる前に抜け落ちてしまうので、その部分だけが薄毛になってしまうのです・・・

5αリダクターゼ(還元酵素)とは?DHT(ジヒドロテストステロン)を作る原因?

「AGA(男性型多毛症)」の原因である男性ホルモン「DHT(ジヒドロテストステロン)」はどのようにして生成されるか知っていますか? DHTは、男性ホルモンであるテストステロンが「5αリダクターゼ(還元 ...

続きを見る

DHT(ジヒドロテストステロン)とは?AGA(男性型脱毛症)の原因なの?

日本人男性の薄毛にお悩みの方のほとんどが「AGA(男性型脱毛症)」になります。 このAGAの原因は、男性ホルモンである「DHT(ジヒドロテストステロン)」なのです!DHTが髪の毛の成長の邪魔をして、毛 ...

続きを見る

AGA(男性型脱毛症)の毛周期について

髪の毛の成長には毛周期(ヘアサイクル)があり、ジヒドロテストステロンによって毛周期が乱されることによって髪の毛がまともに成長しなくなります。

成長期(伸びる)⇒退行期(抜ける)⇒休止期(生える)

上記を毛周期と言って、この流れを永遠と繰り返しているのが髪の毛になります。

健全な毛周期(ヘアサイクル)


出典:https://www.agaskin.net/

上記画像は健全な毛周期になります。

ちなみに、1日に100本ほど長くて太い髪の毛が抜けるのは健全な状態であり、何も心配する必要はありません。

AGAの毛周期(ヘアサイクル)


出典:https://www.agaskin.net/

上記はAGAによって乱れた毛周期になります。

抜け毛を確認して、短くて細い毛がたくさん抜けている場合はAGAになります。

この場合は、DHTによって毛周期を乱されている状態になりますので、成長しきる前の髪の毛が抜けている状態になります。

このような状態が続くと、いずれは髪の毛が減少していき薄毛へと変化してしまうのです。

AGA(男性型脱毛症)は進行性の脱毛症なので油断しているとどんどん薄毛になる!

AGAに悩む男性は「20~69歳の成人男性4200万人のうち約3人に1人」と言われています。

つまり、約1260万人の方が頭頂部や前頭部、もしくは両方の薄毛に悩んでいると言うことになります。

そして、何も気にしていない人が「37%」で、薄毛を気にしている人が「63%」、そのうちケアを行ったことがある人が「全体の約51%」になりますので約642万人ほどの人がAGA治療を経験したもしくは実行中となります。

AGAの厄介なところは「進行型の脱毛症」と言う点で、放置しているとどんどん薄毛になっていくと言うことにあります。

前頭部や額の生え際の薄毛(M字ハゲ)の場合は、毎朝鏡を見ると思いますので発見が早くすぐに対策できるのですが、頭頂部の薄毛の場合は、自分ではなかなか頭部を見る機会がないので発見が遅れてしまうと言うパターンが多くなります。

AGAは進行型の薄毛になりますので、早めにケアをはじめればその分改善率も高くなりますので、まだ大丈夫と自己判断をしないで、「最近薄くなってきた?」「髪の毛が細くなってきてスタイリングが決まらない」と言う場合はAGAの前兆でもありますので、すぐにAGA治療を行っているクリニックに相談することをおすすめします。

最近はAGA専門クリニックでは「無料カウンセリング」を行っていますので、薄毛に関する悩みを気軽に相談することができます。

ハゲたくない!ハゲを治したい!と言う人は、一人で悩まずにまずはAGA治療の専門家に相談する事をおすすめします。

>>AGAスキンクリニックの無料カウンセリングで相談してみる

AGA(男性型脱毛症)の進行パターンは一つではない

AGAの進行パターンは一つではありません!

頭頂部から薄くなる人、前頭部全体から後退しはじめる人、額の生え際部分が薄くなる人、両方が同時に薄くなる人など様々です。

どのタイプのAGAでも、原因は同じDHTになりますので、DHTを生成してしまう5αリダクターゼの働きを阻害することが重要になってきます。

DHTを抑制すれば薄毛は改善されますが、厳密にいうと5αリダクターゼの働きを止めることができれば、AGAの進行を食い止めることが可能となり、徐々に薄毛が改善されていくと言うことになります。

その5αリダクターゼの働きを止める方法については後程説明いたします。

AGAには7段階のステージ「ハミルトン・ノーウッド分類」がある

AGAの進行パターンは「ハミルトン・ノーウッド分類」と言って、アメリカの医師ハミルトン氏が7段階のステージに分類しました。

ハミルトン・ノーウッド分類

AGAの進行パターンは上記の画像のようになっています。

第1段階(Ⅰ)

額の生え際部分の薄毛が進行し、額の面積が広くなっていきます。あまり見た目に問題がないため、AGAだと気づきにくい一番初期のステージになります。

第2段階(Ⅱ、Ⅱa、Ⅱvertex)

額の生え際部分の薄毛の進行に加えて髪の毛全体のボリュームダウンが目立ちはじめます。

それと並行して頭頂部の薄毛の進行がはじまり「O型」や、額の生え際の後退が始まり「M型」の薄毛になっていきます。

第3段階(Ⅲ、Ⅲa、Ⅲvertex)

前頭部の薄毛の進行と頭頂部の進行が進み、徐々に繋がって行きます。

また、前頭部に早い進行がみられるM型の人も頭頂部の薄毛が目立ちはじめます。

この第3段階では明らかにAGAであると言う傾向がみられるようになります。

第4段階(Ⅳ、Ⅳa)

額の生え際部分と頭頂部共に頭皮が見える範囲が広がってきます。

AGA治療を開始するならこの第4段階までにはじめる方が、改善率が高くなります。

第5段階(Ⅴ、Ⅴa)

前頭部と頭頂部の薄毛の進行が進み完全に繋がってしまいます。

この第五段階まで着てしまうと、AGA治療を開始しても効果が表れにくくなりますので要注意です。

全体の3分の1ほど頭皮が見えている状態になります。

第6段階(Ⅵ)・第7段階(Ⅶ)

この段階まで来てしまうと、M型O型の区別が全くつかないぐらいの薄毛になっています。

この段階からAGA治療を開始しても改善することはありませんので、増毛施術や植毛を選択することになります。

AGAは上記のように段階ごとに分かれていて、AGA治療を開始するなら第4段階までと言われています。それ以降の段階になってしまうと、AGA治療では薄毛を改善する事が難しくなりますので、AGA治療を検討中の方は早めに対策するようにしましょう。また、自分がどのステージに居るか分からないと言う場合は、まずはAGA治療を専門的に行っているクリニックに相談することをおすすめします。何度も言っていますが、AGAの改善は治療をはじめるのが早ければ早いほど確率が高くなりますので、一刻も早く治療に専念するようにしてください。

>>AGAスキンクリニックの無料カウンセリングで相談してみる

AGA(男性型脱毛症)の原因である5αリダクターゼの働きを阻害するための対策方法

AGA対策は5αリダクターゼの働きを阻害することになります。

これさえできれば強力な脱毛ホルモンであるジヒドロテストステロンは生成されなくなりますので、毛周期が正常化され髪の毛は健康的に育つようになります。

時間はかかるかもしれませんが、薄毛は改善されますので今の悩みから解放される事は間違いないでしょう。

では、どのように対策すれば5αリダクターゼの働きを阻害することができるのでしょうか?

答えは簡単です!5αリダクターゼの働きを阻害する作用のある成分を摂取すれば良いのです!

その成分こそが、AGA治療薬であるプロペシアの主成分「フィナステリド」になるのです。

フィナステリドには5αリダクターゼの働きを阻害する作用がありますので、DHT生成を抑制し毛周期を正常化させる効果があります。

AGA治療薬のプロペシアはどこで入手できる?

AGA治療薬のプロペシアは基本的に「処方薬」になりますので、一般皮膚科を受診して医師の診察を受けるか、AGA治療を専門としているクリニックを受診して医師の診察を受けるかしか入手方法がありません。

最近は「個人輸入代行サイト」でプロペシアを安く購入している人も居ますが、これはとても危険な行為になりますのでおすすめではありません。

海外のプロペシアは日本国内では認められていない「非正規品」になりますし、個人輸入代行業者が通信販売しているプロペシアは「偽造医薬品」の可能性が非常に高く、最悪の場合効果がないどころか死に至る場合もありますので絶対に購入しないようにしてください。

プロペシアの偽造医薬品に要注意!個人輸入代行サイトの通販で購入する偽物とその危険性について

AGA(男性型脱毛症)の治療薬として有名な「プロペシア」ですが、偽物が出回っているって知っていますか? いわゆる「偽造医薬品」と言うやつで、本来のプロペシアの効果を発揮しない薬になります・・・ プロペ ...

続きを見る

上記の記事でも個人輸入代行サイトからプロペシアを購入する場合の怖ろしさについて説明していますが、安いと言う理由だけで購入するのは危険すぎます!想定外の副作用を引き起こしてしまう可能性が非常に高くなりますので、プロペシアの購入は皮膚科もしくはクリニックで国内正規品を手に入れるようにしてください。

一般皮膚科でプロペシアを処方してもらう

一般皮膚科はAGA治療の専門家ではありませんが、一部で「プロペシア」の処方を行っている皮膚科もあります。

そのため、髪の毛に異変を感じましたら皮膚科に相談することで、症状がAGAだった場合はプロペシアの処方を行ってくれます。

一般皮膚科でのプロペシアの価格は「10,000円前後」と言うのが一般的な価格になります。

少し高額ではありますが、AGA治療は自由診療のため「健康保険適用外」となりますので仕方がないのです。

AGA治療専門クリニックでプロペシアを処方してもらう方が安い!

一般皮膚科ではプロペシアの処方が基本的に1万円前後になります。

では、AGA治療専門クリニックではどうでしょうか?

AGA治療専門クリニックと言ってもさまざまで、最近はかなりクリニックの数も増えてきました。

そんな中で、私が知る限りで最安値でプロペシアの処方を行っているクリニックがあります。

AGAスキンクリニック」と言うクリニックなのですが、こちらでは「4,200円~」と言う圧倒的な安さで正規品のプロペシアの処方を行ってくれます。

しかも、ジェネリック医薬品でしたらさらに安い「3,400円」と言う安さで処方してくれます。

AGAスキンクリニックは、業界でも最大規模のAGA治療専門のクリニックで、全国に47医院展開していますので、私のように余程の田舎暮らしではない限りは通院することが可能となります。

プロペシアは28錠入りになりますので、1ヶ月に1回の通院が必須となります。

私のように片道3時間以上かかると言うのであれば、諦めて皮膚科を受診するしかありませんが、片道1時間程度でしたらAGAスキンクリニックに相談することをおすすめします。

>>AGAスキンクリニックの無料カウンセリングで相談してみる

AGA(男性型脱毛症)は治るのか?

AGAはプロペシアを服用することで治るの?と心配な方も多いと思いますが、プロペシアの服用期間中はAGAの進行を食い止めることが可能となります。

つまり、プロペシアの服用を中止するとまたAGAは進行をはじめると言うことです。

そういった意味では、今のところAGAは完治することはないと言うことになります。

ただし、プロペシア服用期間中は髪の毛もしっかりと成長しますのでフサフサで居られます。

30歳でAGAになってしまったけど、せめて40歳まではフサフサで居たいと言う人や、50歳までは何とかハゲたくないと言う人も居ると思いますが、このような場合はその期間中プロペシアの服用を継続する必要があると言うことになります。

要するにAGA治療は継続している間はハゲることはないけど、AGA治療を中止すると徐々にAGAが進行し薄毛になってしまうと言うことになります。

どうせ薄毛になるのならはじめから治療をしないのか、せめてあと10年はハゲたくないと言う考えで初めから10年間はプロペシアの服用を継続すると決めてAGA治療に臨むのかは人それぞれになります。

ちなみに私の場合は、あと10年はフサフサで居たいと言う気持ちでプロペシアの服用を開始しました。ですから、10年後はAGA治療を中止する予定で居ます。

その頃になるとアラフィフなので、頭がハゲていようがあまり気にならないと思いますし、諦めもつくと思います。

とは言っても、私と同じような考えで、プロペシアの服用を10年間継続してから中止したのにも関わらず、AGAが進行せずにフサフサをキープしていると言う人も実際に居ると言う話を聞いたこともあります。

根拠は分かりませんが、そういったケースもあるみたいなので少し期待はできますね。

ちなみにその人は、AGA治療を開始した段階も早かったらしく、生活習慣の改善はもちろん禁煙禁酒を試みた結果と言っていたらしいです。

AGAは進行型の脱毛症で、早く治療を始めた方が改善率が高いと言うことが言われています。

ですから、もし薄毛でお悩みでしたらまずは無料カウンセリングなどを活用して相談してみることをおすすめします。

もし、AGAと診断されたとしてもAGAスキンクリニックでしたらプロペシアが4,200円で手に入りますので、出費を抑えてAGA治療をはじめることができます。

>>AGAスキンクリニックの無料カウンセリングで相談してみる

プロペシアを服用してもAGA(薄毛)が改善しない場合もある!?

プロペシアはAGA治療薬としてとても優秀な医薬品で、AGAの進行を食い止め薄毛を改善する効果があります。

しかし、プロペシアを服用しているにも関わらずAGA(薄毛)が改善しないと言う場合もあります。

AGAの原因は誰もが同じDHTであり、DHTを生成してしまう5αリダクターゼに作用するプロペシアを服用しているのになぜ改善しない人も居るのでしょうか?

その理由は、AGAが進行しすぎているからになります!

つまり、AGAが進行しすぎていて「産毛」すら残っていないツルツル状態であるからになります。

産毛も残っていない状態でプロペシアを服用しても育つ髪の毛がありませんし、プロペシアには発毛効果はないのです。

このような場合は、たとえ薄毛の原因がAGAであったとしても、プロペシアの服用で薄毛が改善されることはないのです。

ただし、見た目はツルツルでも産毛が残っている様な状態であれば、プロペシアと育毛剤の併用でAGAが改善される可能性も十分にあります。

いずれにしても、自己判断でプロペシアを服用するのか、育毛剤を併用した方が良いのかを決めるのはリスクが高すぎますので、まずはAGA専門クリニックに相談することをおすすめします。

>>AGAスキンクリニックの無料カウンセリングで相談してみる

AGA治療薬のプロペシアには副作用がある!?

AGA治療薬であるプロペシアには「副作用」があります。

有名な副作用で言えば「ED(勃起機能不全)」がありますが、EDの場合は確率的に言いますと1%未満になりますのでそれほど気にする必要はないと言えます。

それよりも、プロペシアの重大な副作用とされているのが「肝機能障害」になります。

プロペシアの添付文書にも記載がありますので、もしプロペシアの副作用が心配な方は一度目を通しておくようにしてください。

それから、AGA専門クリニックや皮膚科でプロペシアを処方してもらう際には、必ず医師から副作用や取り扱い上の説明がありますので、しっかりと理解した上で服用を開始するようにしてください。

>>プロペシアの副作用まとめ

プロペシアの副作用が怖い!AGAは自宅ケアで改善できないの?

AGA(薄毛)は改善したいけど、プロペシアの副作用が心配!自宅ケアで改善する方法はないの?

と言う方は、まずは「医薬部外品の育毛剤」をお試しください。

ただし、上記で紹介しました7段階あるステージの内の第2段階までの方に限ります。

それ以降のステージの場合は、育毛剤だけの力ではAGAを改善することは難しくなってしまいます。

何度も言っていますが、AGAは進行型の脱毛症であり、治療が早ければ早いほど改善率が高くなります。

ですから、AGA初期段階であれば、しっかりと生活習慣を見直し、育毛剤でケアしてあげれば改善する可能性も0%ではありません。

育毛剤と言えば第一類医薬品でミノキシジル配合の「リアップX5」が有名ですが、効果が高い分副作用のリスクも高くなってしまいます。

実際私も皮膚科の医師にプロペシアと併用してリアップX5の使用をすすめられましたが、リアップを塗布した直後に頭皮にヒリヒリと痛みを感じる副作用を起こしてしまったので、二度と使用することはありませんでした。

もちろんリアップX5で効果がある人も居ると思いますが、自分の頭皮に合っていないのに使用し続けるのはあまりにもリスクが大きすぎますね。

ですから私の場合は、医薬部外品で無添加の育毛剤「チャップアップ」を使用しています。

チャップアップでしたら副作用の心配もありませんし、万が一効果がなければ永久的に全額返金保証してもらえますので安心して使用できます。

ですから、もしプロペシアの副作用が怖いと言う方で、AGA初期段階であるのであれば、まずはチャップアップ育毛剤からお試しください。

>>チャップアップの詳細を公式サイトで見てみる

チャップアップは育毛サプリとのセット販売もありますので、早く薄毛を改善したいと言う方は併用するとさらに効果的になります。

まとめ

AGA(男性型脱毛症)は、進行型の脱毛症になりますので早めに治療を開始することで治る可能性は高くなります。

とは言っても、完治する訳ではなくAGA治療薬であるプロペシアを服用している間だけ髪の毛がフサフサに生えていると言うことになります。

ですからプロペシアの服用を中止すると、またAGAは進行をはじめ徐々に薄毛へと変化していくのです。

今現在50歳や60歳と言うのであれば薄毛になっても諦めはつきますが、まだ20代や30代と言う若さの場合はさすがにショックを隠せませんよね。

実際私も30代半ばですがAGAだと知った時はとてもショックでした。

だからこそ、せめてあと10年間だけでもフサフサで居たいと言う思いからプロペシアの服用を開始したのです。

別にハゲでもいいや!と言う人も実際たくさん居ますが、私のようにそうでない人は一刻も早くプロペシアの服用を開始することをおすすめします。

いずれにしても、一人で悩んでいても仕方がありませんので、まずは専門家に相談することをおすすめします。

>>AGAスキンクリニックの無料カウンセリングで相談してみる

プロペシアの副作用や服用する前に知っておきたい知識

最近頭頂部が薄くなってきたと感じる、額の生え際部分が後退してきた、このような症状を感じている方は「AGA(男性型脱毛症)」の疑いがあります。 AGAの治療薬と言えば「プロペシア」が有名ですね! 薄毛に ...

続きを見る







-AGA(男性型脱毛症)
-, , , , , ,

Copyright© 本当にあった怖いプロペシアの副作用 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.