プロペシアの副作用が心配な方へ!正しい知識を身につけて安全に服用し薄毛を改善しましょう。

本当にあった怖いプロペシアの副作用

AGA(男性型脱毛症)

5αリダクターゼ(還元酵素)とは?DHT(ジヒドロテストステロン)を作る原因?

更新日:

「AGA(男性型多毛症)」の原因である男性ホルモン「DHT(ジヒドロテストステロン)」はどのようにして生成されるか知っていますか?

DHTは、男性ホルモンであるテストステロンが「5αリダクターゼ(還元酵素)」と結合することで生成されます。

そして、DHTが毛乳頭細胞にある受容体と結合することで髪の毛の成長が抑制され、本来の毛周期を全うすることができなくなり成長途中で抜け落ちて薄毛になってしまうのです・・・

つまり、AGAの根本は5αリダクターゼにあると言っても過言ではないのです。

と言うことは、5αリダクターゼの働きを阻害することができればAGAは改善することが可能と言うことになります。

それを可能にしてくれるのがAGA治療薬である「プロペシア」の主成分であるフィナステリドなのです!

ですが、5αリダクターゼとは一体何者なのでしょうか?

そこで今回は5αリダクターゼについて解説していきたいと思います。




5αリダクターゼ(還元酵素)とは?

5αリダクターゼとは、男性ホルモンであるテストステロンをより強力な男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)へと変換させてしまう非常に厄介な還元酵素になります。

5αリダクターゼには「1型」「2型」があり、2型の5αリダクターゼがより強力なDHTを生成すると言われております。

AGAのすべての原因が5αリダクターゼにあり、テストステロンと結合することでDHT生成され、DHTが毛乳頭細胞の受容体(レセプター)と結合することで正常なヘアサイクルを乱して薄毛へと変化させてしまうのです。

これがAGAのメカニズムになります。

1型と2型の5αリダクターゼの違いは、

  • 1型5αリダクターゼ・・・側頭部・後頭部・皮脂腺に多く存在している
  • 2型5αリダクターゼ・・・前頭部・頭頂部・毛乳頭に多く存在している

になります。

つまり、前頭部や頭頂部が極端にハゲてきている場合は、2型5αリダクターゼが多く、頭部が全体的にハゲてきている場合は両方の5αリダクターゼが存在していると言うことになります。

5αリダクターゼの種類によって頭部に与える影響が違う

5αリダクターゼは1型と2型の2種類があり、頭部に与える影響も異なりますし、上記の通りそれぞれ存在している箇所が違います。

1型5αリダクターゼは、側頭部や後頭部、皮脂腺に多く存在していますので、肌が脂っぽい脂性肌の人は1型5αリダクターゼの分泌量が多いと言えます。

そのため、AGAの方で頭皮が脂っぽいと感じる方は、1型5αリダクターゼの影響を強く受けている可能性が高くなります。

一方、2型5αリダクターゼは、前頭部や頭頂部、毛乳頭や前立腺と言った限られた箇所に多く存在しているので、2型5αリダクターゼの分泌量が多い人は髪の毛や体毛が濃い人が多い場合がほとんどです。

毛乳頭は毛細血管から供給される栄養素をもとに髪の毛を成長させる働きをしていますので、発毛や髪の毛の成長においてとても大切な役割を担っています。

そのため、毛乳頭でDHTが大量に生成されるとヘアサイクルが乱れてしまい薄毛に繋がってしまうのです。

また、2型5αリダクターゼが多く存在している箇所は「頭頂部」と「前頭部」になりますので、この頭部が薄くなってきていると言う人は2型の5αリダクターゼの影響を受けていると言うことになります。

ちなみにですが、体内で生成されるDHT(ジヒドロテストステロン)の量は、2型5αリダクターゼによるものが「60~70%」で、1型5αリダクターゼによるものが「約30%」程と言われています。

そのため、AGA改善にはどちらの5αリダクターゼを抑制するべきなのかと言いますと、2型5αリダクターゼになりますのでプロペシアを服用することで薄毛は改善されます。

ただし、1型と2型の両方の5αリダクターゼの影響を受けているAGAの方は、プロペシアでは完全に5αリダクターゼを防ぎきることができず薄毛が改善しないと言う場合もあります。

5αリダクターゼは男性にとって大切な役割がある

ここまで見ると5αリダクターゼ不要な酵素だと思われがちですが、実は5αリダクターゼには男性ホルモンであるテストステロンをサポートする役割があります。

男性ホルモンであるテストステロンの働きは、「骨・筋肉」を作るだけではなく、精子の生成や性欲上昇と言った男性にとって必要不可欠なホルモンになります。

実は、これらの働きを5αリダクターゼはサポートしてくれているのです。

つまり、5αリダクターゼは男性にとって必要不可欠な酵素であると言うことになります。

ただし、テストステロンと5αリダクターゼが結合してしまうことでDHTへと変化してしまい、髪の毛にとってマイナス方向に働いてしまうことになるのです。

ですから、AGAを防ぐには5αリダクターゼとテストステロンを結合させてはいけないのです。

この結合を阻止してくれるのがプロペシアの主成分であるフィナステリドになります。

5αリダクターゼが分泌されるメカニズム

5αリダクターゼは髪の毛にとってマイナスな働きをしてしまうのですが、男性にとっては必要不可欠な酵素になります。

5αリダクターゼの分泌量には個人差がありますが、さまざまな研究の結果5αリダクターゼの分泌量は遺伝が影響していると言うことが分かっています。

5αリダクターゼの活性を持つ遺伝子は「優性遺伝子」になりますので、父親もしくは母親のどちらか一方でも5αリダクターゼの活性を持っていると子供にも遺伝していくのです。

巷で薄毛は遺伝が原因だとよく言われていますが、遺伝が原因で薄毛になるのではなく薄毛になりやすい体質が遺伝していると言うだけになります。

ですから、しっかりとAGA対策を行っていれば、AGAが発症することはないのです。

稀に親族全員薄毛なのに一人だけフサフサな人が居たりしますが、つまりはそう言うことです。

自分はハゲ一家だからと諦めたらそこで試合は終了と言うことですね!ハゲ一家に生まれたとしても、しっかりと対策を取っておけば薄毛から免れることは可能なのです。

AGAを改善するには5αリダクターゼの働きを阻害する必要がある

5αリダクターゼは男性にとって必要不可欠な酵素ではありますが、AGAの原因であることに変わりはありません。

ですから、5αリダクターゼの働きを阻害し、DHTの生成を抑制することでAGA(薄毛)の進行を食い止めるようにしましょう。

では、どのようにして5αリダクターゼの働きを阻害すればよいのでしょうか?

プロペシアで5αリダクターゼの働きを阻害する!

5αリダクターゼの働きを阻害する医薬品と言えば「プロペシア」になります。

プロペシアの主成分である「フィナステリド」には2型の5αリダクターゼの働きを阻害する効果があります。

2型5αリダクターゼの働きを阻害することで、DHTが生成されなくなりますので乱れたヘアサイクルが正常に戻ります。

その結果、今まで全うに成長することなく抜け落ちていた細くて短い弱々しい毛が、太く長く成長するようになります。

つまり、最も効果が高く素早く5αリダクターゼの働きを阻害するにはフィナステリドを主成分としたプロペシアが最適と言うことです。

プロペシアはどこで手に入る?

プロペシアは皮膚科やAGA専門のクリニックで処方してもらうことができます。

ちなみにプロペシアの価格は、一般皮膚科だと診察代込みで10,000円前後が一般的になります。

基本的には処方薬になりますので、皮膚科やクリニック以外では手に入れることができませんが、最近では個人輸入代行サイト等で手軽に入手することができます。

しかも、価格が半値ぐらいで入手できますので利用している方も多いと思いますが、個人輸入代行サイト等でプロペシアを購入する際は「偽造医薬品」の可能性もありますので要注意なのです。

万が一偽物のプロペシアを摂取してしまった場合は、効果がないどころか想定外の副作用を引き起こす可能性もありますので購入する際は注意が必要になります。

プロペシアの偽造医薬品に要注意!個人輸入代行サイトで購入する偽物とその危険性について

AGA(男性型脱毛症)の治療薬として有名な「プロペシア」ですが、偽物が出回っているって知っていますか? いわゆる「偽造医薬品」と言うやつで、本来のプロペシアの効果を発揮しない薬になります・・・ プロペ ...

続きを見る

経済的な事情で、どうしても安い価格でプロペシアを手に入れたいと言うことでしたら、以下の記事を参考にしてみてください。

プロペシアを安全に買う方法や、本物を見分ける方法などをまとめていますので参考になると思います。

【危険】プロペシアの通販は危ない?安全に本物を見分ける4つの方法

AGAでお悩みの方は、AGA治療薬である「プロペシア」の服用を検討すると思いますが、実際AGA治療は保険適用外の医薬品になりますので、皮膚科等で処方してもらう場合はかなりの高額になってしまいます・・・ ...

続きを見る

5αリダクターゼは1型と2型はどっちに注意するべき?

AGAの特徴的なハゲ方は、頭頂部もしくは前頭部が極端に薄くなると言う傾向があり、頭頂部であればつむじ周りから周囲に薄毛が広がっていき、前頭部の場合は額の生え際部分が頭頂部に向かって後退していく、もしくはM字型に後退していくと言う特徴になります。

丁度この頭頂部と前頭部に多く存在しているのが2型5αリダクターゼになりますので、この2ヵ所が薄くなってきていると言う場合は2型5αリダクターゼの働きを一刻も早く阻害する必要があります。

2型5αリダクターゼは1型5αリダクターゼと比べて、DHT(ジヒドロテストステロン)を生成するスピードが早く、割合的にも約7割と圧倒的に多くなります。

そのため、2型5αリダクターゼに注意する方が、AGA治療において重要と言うことが分かります。

ただし、2型5αリダクターゼと1型5αリダクターゼの両方の影響を受けている人の場合は、どちらか一方ではなく両方の5αリダクターゼに注意する必要があります。

体内で生成されるジヒドロテストステロンの内約7割は2型5αリダクターゼによるものですが、残りの3割は1型5αリダクターゼによるものになります。

また、1型5αリダクターゼは皮脂腺に多く存在していることから、皮脂分泌が多量で、頭皮が脂っぽい方は要注意になります。

そのため、プロペシアで2型5αリダクターゼの働きを阻害しても効果が無いと言う場合もあります。

このような場合は、1型と2型の両方の5αリダクターゼの働きを阻害する必要があるのです。

上記でも言いましたが、2型5αリダクターゼはフィナステリドを主成分としたプロペシアで間に合います。

では、1型5αリダクターゼの働きを阻害するためにはどうすれば良いのでしょうか?

1型5αリダクターゼと2型の両方の5αリダクターゼの両方の働きを阻害する薬はある?

1型と2型の両方の5αリダクターゼの働きを阻害する薬はあります。

フィナステリドは2型5αリダクターゼの働きを阻害することはできますが、1型5αリダクターゼには効果を発揮しません。

そのため、両方の5αリダクターゼの働きを阻害することができる「デュタステリド」と言う成分が必要になります。

フィナステリドを主成分とした薬が「プロペシア」で、デュタステリドを主成分とした薬が「ザガーロ」になります。

つまり、AGA治療においてプロペシアを飲んでいるけど、それほど効果を感じていないと言う場合は、1型5αリダクターゼの影響を受けている可能性があるので、ザガーロに変更した方が良い場合もあります。

しかも、ザガーロは1型と2型の5αリダクターゼに効果を発揮するだけでなく、フィナステリドが2型5αリダクターゼを阻害する作用よりも強力になります。

海外で行われた臨床試験では、デュタステリド0.5mgとフィナステリド5mgをそれぞれの患者に半年間投与した結果、デュタステリド0.5mgを服用した患者の方が発毛量が30%多かったと言う結果も出ています。

そのため、フィナステリドがあまり効かないような場合は、デュタステリドに変更してみると良いでしょう。

デュタステリドとは?その効果と副作用等の特徴について徹底解説

日本人男性の薄毛の原因と言えば「AGA(男性型脱毛症)」がほとんどで、その治療薬で有名なのが「プロペシア」になります。 プロペシアの有効成分である「フィナステリド」がAGAの原因である「DHT(ジヒド ...

続きを見る

プロペシアが効かない人には理由がある!なぜ薄毛が治らないのか徹底解説

AGAを改善するためにプロペシアの服用を始めたのはいいものの、待てど暮らせど全くプロペシアが効かないと言う人も少なくはありません。 プロペシアは「AGA(男性型脱毛症)」の治療薬で、脱毛防止効果のある ...

続きを見る

食べ物で5αリダクターゼの働きを抑制することも可能!

食べ物で5αリダクターゼの働きを抑制することができるのであればそれが最適な方法になります。

つまり、食生活の改善と言うことです!

食べ物だけで補給できない栄養素に関しては、個別で栄養補給した方が良いでしょう。

大豆イソフラボン

大豆製品全般に含まれる「大豆イソフラボン」は、女性ホルモンである「エストロゲン」と似た働きをすることから5αリダクターゼの働きを阻害する効果に期待できます。

つまり、「納豆・豆腐・豆乳」等の大豆製品を積極的に摂取することで、5αリダクターゼの働きを阻害しテストステロンがジヒドロテストステロンに変化するのを防いでくれると言うことです。

亜鉛

亜鉛は不足しがちな人が多い栄養素ですが、亜鉛は髪の毛を生成するのに必須の栄養素になります。

亜鉛は体内で合成されないので外部から摂取するしか方法がありません!亜鉛を含む食べ物は「生牡蠣・レバー・牛肉・タラバガニ・シジミ」等になります。

亜鉛は体内で分解されたアミノ酸を髪の毛の材料である「ケラチン」に再合成させる時に必須となる栄養素なのです。

亜鉛は上記のような食材から摂取しないといけないため、不足しがちな栄養素でありますが、ストレスなどが原因でさらに消費されてしまいます。

すると亜鉛不足となり、髪の毛の生成のためのケラチンを合成することができなくなり、細く弱々しい髪の毛になったり、生えてこなくなったりしてしまいます。

アロエ

アロエには「アロイン」と「タンニン酸」と言う成分が含まれていて、アロインが5αリダクターゼの働きを阻害し、タンニン酸が細胞の活性化をすると言われています。

使い方としまして原液を頭皮に塗ると言う場合もありますが、肌に合わずに肌トラブルを起こしてしまう場合もありますので使用の際は注意が必要になります。

みかん

みかんの皮に含まれる「d-リモネン」と言う成分が5αリダクターゼの働きを阻害する作用があると言われています。

他にもグレープフルーツ等の柑橘類に同じ成分が含まれています。

ノコギリヤシ

ノコギリヤシは育毛剤にもよく使用されている成分で、優れた育毛効果があると言われています。

ノコギリヤシは北アメリカに群生する植物で「滋養強壮効果」が高いことから古くから男性に親しまれている食べ物になります。

ノコギリヤシには「βシトステロール、オクタコサノール、オレイン酸、リノール酸、リノレン酸」等の有効成分が含まれていて、特に「βシトステロール」と「オクタコサノール」は5αリダクターゼの働きを阻害する効果が高いと言うことで知られています。

大豆製品や亜鉛もAGA(薄毛)改善には必須の栄養素ですが、ノコギリヤシも飲む育毛剤等で補給することでより薄毛改善効果を発揮しますのでおすすめの成分になります。

まとめ

AGAの根本である5αリダクターゼは非常に厄介な酵素ではありますが、男性にとって必要不可欠なものでもあります。

しかし、テストステロンと5αリダクターゼが結合してしまうことで毛髪にとってはマイナス方向に働いてしまうことになるのです・・・

5αリダクターゼを完全に消すことはできませんが、プロペシアや上記で紹介しました栄養素を含んだ飲む育毛剤で5αリダクターゼの働きを阻害することは可能となります。

その結果DHTが生成されなくなりAGAの進行を食い止めることができます。

DHTが抑制されAGAの進行が止まると髪の毛は正常のヘアサイクルに戻り、薄毛になる前のようなフサフサな状態へと回復していきます。

ただし、完全に元通りになるのかと言いますと必ずしもそうとは言えないのが現実になります。

プロペシアや飲む育毛剤の服用開始時期が遅くなればなるほど回復率は下がってしまうのは当然のことです。

ですから、薄毛改善に迷っている時間はないのです!副作用のリスクはあるけど確実なプロペシアの服用を開始するのか、まずは副作用のリスクのない飲む育毛剤で育毛をはじめるのかはそれぞれですが、対策をするなら早いに越した事はありません。

AGAクリニックのおすすめはどこ?確実な薄毛治療ができる病院をご紹介

薄毛に悩む日本人男性の大半が「AGA(男性型脱毛症)」になります。 このAGAは、巷で言う若ハゲの方から年配のハゲの方までのほとんどが該当します。 一昔前までは「若ハゲは遺伝が原因だから絶対に治らない ...

続きを見る

プロペシアの副作用や服用する前に知っておきたい知識

最近頭頂部が薄くなってきたと感じる、額の生え際部分が後退してきた、このような症状を感じている方は「AGA(男性型脱毛症)」の疑いがあります。 AGAの治療薬と言えば「プロペシア」が有名ですね! 薄毛に ...

続きを見る







-AGA(男性型脱毛症)
-, , , , , , ,

Copyright© 本当にあった怖いプロペシアの副作用 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.